リカバリーフレーズから復元する

デバイスの復元や交換、複製する場合、リカバリーフレーズからLedger Nano Sを復元します。 Ledger Nano Sはリカバリーフレーズによってバックアップされた秘密鍵を復元します。
※デバイスを初期化して新しい秘密鍵を生成し、リカバリフレーズをバックアップとして保存することもできます。

復元に必要なもの

  • Ledger Nano Sと付属のマイクロUSBケーブル
  • インターネットに接続されたコンピューター(Windows 8 (64ビット)以上、macOS 10.8以上、またはLinux)。
  • Ledger Liveアプリケーションをダウンロードしてインストールする。

Nano S を初期化する

Nano S を初期化する際、機器のアップデートを行った後、または 機器をリセットした後に、ウォレットを復元することができます(機器のリセットにあたっては、誤った PIN コードを 3 回連続で入力してください)。

復元方法

最初に、12単語、18単語もしくは24単語からなるバックアップを用意してください(Ledger におけるリカバリーフレーズは常に24単語です)。

  1. Nano S を接続してください
  2. 画面上の指示を読んでください
  3. “Configure as new device ?” が表示されたならば、左ボタンを用いて ✕ アイコンを選択することによって、新たな機器としての設定の実行を拒否してください
  4. 右ボタンを用いて “Restore configuration” を選択してください
  5. 4~8桁の PIN コードを決定してください。値を下げる際は左ボタンを、値を上げる際は右ボタンを、各数字を承認する際は両方のボタンを押してください
  6. 同じ PIN コードを入力して、確認を行なってください
  7. Ledger ウォレットの場合は、24単語からなるバックアップをコピーした Ledger リカバリーシートを用意してください。他社のウォレットの場合は、そのウォレットのパスフレーズを用意してください
  8. バックアップデータを復元するのに必要な単語数を選択してください。例えば、Ledger ウォレットの復元フレーズをインポートする場合、”24 words” を選択してください
  9. 24番目の(最後の)単語まで、各単語を順番に入力していってください
  10. 設定が完了するとナノSに”Your device is now ready”が表示されます。

以上で Nano S の復元は完了です。これで、管理アプリケーション「Ledger Live」と設定することが可能となります。

Ledger live設定時、「Restore a Ledger device」(復元作業から行う場合)を選択して進めてください。

Share this post