Electrum(エレクトラム)の使い方

Electrum(エレクトラム)の使い方

Electrumは、Ledger Nano Sをサポートしています。

Electrumをインストール

公式サイトからElectrumをダウンロードしてインストールします。

Electrumを設定する

「Standard wallet(スタンダードウォレット)」を選択

Nano Sをコンピュータに接続し、PINコードを入力してBitcoinアプリを選択します。
次に「Use a hardware device(ハードウェアデバイスを使用する)」を選択します。

LedgerNanoSが検出された場合

「Next」をクリックして、「Account Number」を選択してください。
不明な場合は、このフィールドを “”0″”のままにしてください。
それ以外の場合は、インポートするアカウントのインデックスを入力します。

「Next」をクリックすると、Electrumはアカウントを同期させます。
接続とサーバー環境によっては、数分から30分かかる場合があります。

同期プロセスが完了したら、Electrumを使うことができます。

トランザクションを送信する

取引に署名したいときは、LedgerNanoSから検証する必要があります。

archlinuxの場合

Ledger Nano Sを検出するにはpython2-btchipのインストールが必要です。
pip3 install btchip-python

Ubuntuの場合

Ubuntu 16.04 を使用する場合、追加で以下のコマンドを入力する必要があります。
apt-get install libusb-1.0-0-dev
apt-get install libudev-dev
ln -s /lib/x86_64-linux-gnu/libudev.so.1 /lib/x86_64-linux-gnu/libudev.so
pip install btchip-python

Share this post