不正開封防止のシールについて

Ledger では、この不正開封防止シールは意味がないと判断し、箱への貼り付けを中止しました。

Ledger デバイスを開封する動画を視聴していて、箱の一面にグレーのステッカーが付いているのを見たことがあるかもしれません。

しかし、現在発送される箱には、このステッカーが付いていません。

Ledger では、この不正開封防止シールは意味がないと判断し、箱への貼り付けを中止しました。

随分前、これを貼り付けていた時期も数ヶ月ほどありましたが、これはあくまで標準ステッカーとしてのものであり、シールとしての機能を果たしていたわけではありませんでした。

箱の中には、”Did you notice” と題されたカードが同封されており、これに関する説明がなされています。このカードを現在所有していないという場合は、こちらのブログ記事をご覧ください。

デバイスが本物であるということを証明するためには、偽造や置き換えを容易に行うことができるようなシールではなく、

本体内部のセキュアエレメントを用いることが最善の方法である、ということが上記ブログ記事で説明されています。

いずれにせよ、デバイスを用いる前に初期化を行う必要がありますので、心配はいりません。

デバイスはウォレットと完全に同期され、これに関する情報を把握しているのは持ち主であるあなた自身だけなのです。

なお、設定の際は ”Configure as new device” を選択するようにしてください。

デバイスが本物であるかどうかは、デバイス使用時にデバイスと同期させる Ledger アプリケーションによっても、確認することができます。

  • デバイスがアプリケーションによって認識されるならば、デバイスは本物です
  • デバイスがアプリケーションによって認識されないならば、単純な不具合が原因である可能性があります(こちらのガイドを参照してください)。
Share this post