パスフレーズの応用設定

この機能は、Ledger Blue では利用できません。

Nano S バージョン 1.3 以降においては、セキュリティの応用設定として、同じウォレット内で異なるパスフレーズを管理することができます。

この機能は、「プロージブル・ディナイアビリティ」と呼ばれることもあります。

Nano S を バージョン 1.3 にアップデートするためには、こちらのガイドを参照してください。

この設定は、同じ 24 単語のシードをもとに、1つのメインアカウントと2つ以上の秘密アカウントを所有しようとする際に有用です。しかし、ここで必要となる様々なコードに関して把握しているのは自分自身のみですので、この機能は慎重に設定しなければなりません。これらのコードを紛失したとしたならば、Ledger どころか他の誰であってもアカウントを復元することはできません。したがって、以下の内容を確実に理解できる方以外は、本設定は行わないでください。

プロージブル・ディナイアビリティとは何か?

Nano S において、「プロージブル・ディナイアビリティ」とは、PIN コードを教えるように脅される かつ / または 強要されるリスクに直面することをいいます。本機能を用いると、2 つの PIN コードを管理することになります。

Share this post