イーサリアムクラシック(ETC)に関する重要なお知らせ

Ledger イーサリアム(ETH)Chrome アプリケーションへとイーサリアムクラシック(ETC)を送信するという場合、スプリットコントラクトを利用する必要があります。弊社としては、Shapeshift(有料) もしくは MyEtherWallet のご利用をお勧めしています。

なお、イーサリアム(ETH)Chrome アプリケーションはすでにアップデートが完了しており、イーサリアムクラシック(ETC)とイーサリアム(ETH)のアカウントアドレスは別のものとなりました。

アップデート以前にイーサリアムクラシック(ETC)を送信したという場合、これを適切に移動させるためには複雑な設定が必要となります(送信されたイーサリアムクラシック(ETC)を、この設定を行わずに送信すると、リプレイ攻撃によってイーサリアム(ETH)までもが送信されてしまいます)。

本ページの情報は随時更新されていきますが、質問があれば弊社サポートへとご連絡ください。

スプリットコントラクトを用いたものの、古いイーサリアム(ETH)のアドレスにイーサリアムクラシック(ETC)を送信してしまったという場合

アップデート以前のバージョンのイーサリアム(ETH)Chrome アプリケーションを手動でインストールし、送信されたイーサリアムクラシック(ETC)を新たなイーサリアムクラシック(ETC)アドレス(新たな Chrome アプリケーションにおいて確認することができる ETC のアドレスです)へと送信してください。

この Chrome アプリケーションは以下のページよりインストールすることが可能です:

https://github.com/LedgerHQ/ledger-wallet-ethereum-chrome/releases/tag/1.04

Share this post