リップル(Ripple)のインストール・使用方法

リップル(Ripple, 通貨単位: XRP)に対応している Ledger デバイスは Nano S および Blue となっています。OS としては、Windows (7+)、Mac (10.8) および Linux が対応しており、使用に際しては Nano S もしくは Blue を接続するための USB ポートが必要となります。なお、Android および iOS では対応しておりません。

Nano S をお持ちの場合、まず最初にファームウェアの “Secure Element” のバージョンが 1.3.1 であることを確認してください。これを確認するには、Nano S のデバイス上で “Settings” > “Device” > “Firmware” を選択してください。アップデートが必要な場合、こちらを参照してください。Blue に関してはファームウェアのバージョンは関係ありません。

リップル(XRP)のウォレットを作成・起動させるにあたっては、以下の手順に従ってください

以下の手順に従って、Ledger リップル(Ripple)Chrome アプリケーションをコンピュータ上にインストールしてください

こちらのページを開き、”GET THE APP” という緑のボタンをクリックしてLedger リップル(Ripple)Chrome アプリケーションをダウンロードください(本アプリケーションは Epic Dream 社における SAS を用いたテスト済みです)

・ダウンロードフォルダを開き、インストールを行なってください

– Mac の場合、OS バージョンが 10.8 以上 であることを確認してください

– Linux の場合、updev ルールの設定を行なってください

– Windows の場合、OS バージョンが 7 以上であることを確認してください: ウィルス対策に関する警告が発せられた場合、”Additional Information” をクリックすることでインストールを行うことができます(これによって PC に問題が生じることはありません)

Ledger Manager を用いて、以下の手順に従いながらリップル(Ripple)Chrome アプリケーションをインストールしてください

・Ledger Manager を起動させてください(インストールおよび使用法に関しては こちらを参照してください)

・Nano S もしくは Blue を接続し、PIN コードを入力してください

・リップル(Ripple)ロゴ付近にある緑の下向き矢印をクリックしてください

・デバイス上でインストールの承認を行なってください

・Ledger Manager を終了してください

“Unable to install application” というエラーメッセージが表示された場合、いくつかの原因が考えられます。詳しくは こちら を参照してください。

ここまでで見てきた 2 つの手順は、1 回行ってしまえば今後は不要です。さて、これでリップル(XRP)アカウントを管理していくための準備が整いました。

上述したアプリケーションがインストールされたら、以下の手順に沿ってリップル(XRP)のアカウントを開いてください

・デバイス上で、リップル(Ripple)アプリケーションを開いてください

・“Browser support” を無効にしてください

NANO S の場合

– 右ボタンでスクロールして “settings” を選択し、両方のボタンを押して開いてください

– 右ボタンでスクロールして “browser support” を選択し、両方のボタンを押して開いてください

– 両方のボタンを押して “NO” を選択し、ブラウザサポートを無効にします

BLUE の場合

– 左上のメニューをタップしてください

– “browser support” を無効とするために、タップしてスライダーをグレー色にしてください

・コンピュータ上で開かれている他の Ledger ウォレットおよび Ledger Manager を終了させてください

・コンピュータ上で Ledger リップル(Ripple)Chrome アプリケーションを起動させてください(Chrome からではありません)

・同期されたのち、ウォレットが開きます

使用方法

リップル(Ripple)Chrome アプリケーションは、アカウント管理のためのアプリケーションで、リップル(XRP)を送受信したり残高を確認する際に使用することができます。

これを開くためには Nano S または Blue を接続し、PIN コードを入力し、デバイス上でリップル(Ripple)アプリケーションを起動させる必要があります。デバイスがない場合、アプリケーションは起動しません。

送信にあたっては、デバイス上で確認・承認を行う必要があります。スクリーン上に送信量・受取先アドレス・手数料が表示されるので、これを手動で承認する必要があります。

リップル(Ripple)プロトコルにおいては、新たにアカウントを作成する際、アカウントに最低 20 XRP 以上の リップル(XRP) を送信しておく必要があります。20 XRP を下回るアカウントは、存在しないものとして見なされるのです。したがって、アカウントには常に 20 XRP 以上存在していなければならず、これを下回るような結果となるトランザクションは行えないようになっています。

アップデート

リップル(Ripple)Chrome アプリケーションのアップデート準備ができた場合、最新版をダウンロード・インストールするよう促すメッセージがアプリケーション上に表示されるので、これに従ってアップデートを行なってください。

Share this post