Ledger デバイスで MyEtherWallet を用いる方法

MyEtherWallet は多くのユーザーにより使用されているイーサリアム(Ethereum)のオンラインウォレットであり、Ledger イーサリアム(Ethereum)Chrome アプリケーションの代わりとして用いることができます。Chrome および Opera において、MyEtherWallet は Nano S と Blue に対応しているため、他のアプリケーションやプラグインをインストールする必要はありません。

イーサリアム(Ethereum)のアカウントを管理するにはまず、MyEtherWallet のウェブサイト(Chrome 拡張機能のプラグインとは異なります)へ行き、「Ether/トークンの送出」(”Send Ether & Tokens”) を選択してください。次に Ledger デバイスを接続し、イーサリアム(Ethereum)アプリケーションを選択してください。ここで ”setting” を選択すると “Browser support” がありますので、これを有効(”on”)にしてください。

これによって、デバイスとブラウザ間が直接接続されることとなり、MyEtherWallet がデバイスを検出できるようになります(なお、イーサリアム(Ethereum)Chrome アプリケーションを用いる場合、”browser support” を無効(”off”)にする必要があります)。

MyEtherWallet 上で「Ledger Wallet」(”Ledger Wallet”)を選択し、「Ledger Wallet に接続」(”Connect your Ledger Wallet”)をクリックしてください。

すると、HD(階層的決定性)パスおよびアドレスを決定するためのポップアップ画面が現れます。

パスとウォレットを決定したならば「お財布をアンロック」(”Unlock your Wallet”)をクリックしてください。これで、イーサリアム(Ethereum)およびイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の送受信を行うことができるようになります。

送信に際しては Ledger デバイスを用いた承認が必ず必要になります(イーサリアム(Ethereum)Chrome アプリケーションと全く同じです)。なお、MyEtherWallet に送られるのは公開データだけであり、ブラウザ上において秘密鍵が明らかになることはありません。

次に、「トランザクションの生成」(”Generate Transaction”)をクリックし、トランザクションの内容を確認してください。ブラウザおよびデバイス上で確認ができたら、デバイス上でトランザクションを承認を行い、トランザクション署名が完了するまで数秒間お待ちください。これにより、トランザクションの元となるデータがブラウザ上に表示されますので、これを確認の上「トランザクションの送出」(”Send Transaction”)をクリックすると、最終確認のためのポップアップ画面が現れます。最後に「はい、確かです。処理を実行します」(”Yes. I am sure! Make transaction.”)をクリックして、トランザクションの送信が完了となります。

イーサリアム(Ethereum)関連のトークン(REP など)を安全に管理する方法に関してはこちらをご覧ください。

Share this post