ファームウェアアップデート1.4.1のやり方 Ledger Nano S用

ファームウェアアップデート1.4.1による新機能と最新のセキュリティ改善を利用するために、Ledger Nano Sのアップデートを強くお勧めします。

アップデートがスムーズにできない場合は数時間から数日置いてから再度お試しください。今回のアップデートで多くのアクセスが集中し、サーバーに負荷がかかることが予想されます。そのためアップデートに時間がかかることがありますので、すぐに資金を移動したい等の場合は数日待ってからアップデートしてください。

在のファームウェアは次の手順で確認できます。(Ledger本体から操作してください) Settings > Device > Firmware Ledger Nano Sにインストールしたアプリケーションは、アップデート後に再インストールする必要があります。 アプリを再インストールするとすぐに残高が反映されます。 アップデート前に24のリカバリワードが適切にバックアップされ、アクセス可能であることを確認してください。

注意:旧バージョンのファームウェア(1.3よりも古いバージョン)を使用している場合は、リカバリーワードがリセットされますので、再設定する必要があります。

ファームウェア1.4.1のアップデート手順

STEP1

Ledger Managerを起動し、Ledger Nano Sをコンピュータに接続します。

STEP2

・Nano Sにピンコードを入力し、ロックを解除します。 ・Ledger Managerをウォレットと同期させます。 ・Nano Sにダッシュボードが表示されるまで待ちます。

STEP3

Ledger Managerアプリケーションの ”FIRMWARES” をクリックします

次に「Firmware Version 1.4.1」のところにある緑色の矢印をクリックします。

緑色の「INSTALL」ボタンをクリックします。

右のボタンを押して、Nano Sの「Allow Ledger manager」を確認します。

Ledger Managerアプリケーションにインストール画面が表示されます。

この時に「Unable to install OS updater」というエラーが表示されることがあります。

もし、このエラーメッセージが表示された場合は、Nano Sからいくつかのアプリケーションをアンインストールし、アップデート手順を再開してください。

STEP4

Ledger Nano Sにいくつかの情報が表示されたときに、「Update firmware」が表示されるのを待ちます。

ファームウェアのバージョン番号がに表示されます。 バージョン番号を確認し、ファームウェアバージョン1.4.1をインストールしていることを確認してください。

Ledger Nano Sの ”Identifier” を確認してください。 Ledger Manager画面下部に表示されている ”Identifier” と一致する必要があります

Nano Sの右ボタンをクリックし、PINコード入力画面が表示されるのをを待ちます。

Ledger Nano SにPINコードを入力してください。

STEP5

Ledger Nano Sに “MCU firmware is outdated” と表示されます。

Ledger Managerの画面は次のようになります。

左側のボタンを押しながらLedger Nano Sのプラグを抜いて再接続すると、画面に ”Bootloader” と表示されます。

Ledger Managerに “Restoring MCU” と表示されていることを確認してください。

MCUのアップデート中
Ledger Managerには “Installing Firmware, please wait, this might take a few moments” と表示されます。
Ledger Nano Sには “Update” と “Processing” が表示されます。

Ledger Nano Sに “Update” と表示されているのに Ledger Managerに “Installing firmware” が表示されない場合は、 ひとまず “installing firmware” のメッセージが表示されるまで5分待ってください。 それでも表示されない場合は、次の手順で操作してください。 ・Ledger Managerの再起動/Nano Sの再接続 ・PINコードを入力しロック解除 そうするとプロセスは再開されます。

Ledger Nano Sに “PIN code” が表示されたら、PINコードを入力してください。

STEP6

PINコードを入力したら、“Settings” タブに移動して、インストールがエラーなしで行われていることを確認します。

両方のボタンを押してタブを開きます。 次に、“Device” メニューに移動します。

再び両方のボタンを押してタブを開きます。 次に、“Firmware” タブに移動します。

両方のボタンを押してタブを開き、“Secure Element” のバージョンが1.4.1であることを確認してください。

右のボタンをクリックし、”MCU” のバージョンが1.5であることを確認してください。 (下のスクリーンショットは1.4ですが、1.5が表示されます)

STEP7

これで最新の状態になりました。 その後、独自のアプリケーションをインストールまたは再インストールし、Nano Sを使用してください   Ledger ManagerのApplicationsに移動し、インストールするアプリの緑色矢印をクリックします。 アプリケーションのインストールが失敗した場合は、 Nano Sの接続を解除してから再接続してください。   ファームウェア1.4.1では、Bitcoinアプリケーションをインストールする必要があります(Bitcoinアプリは共有ライブラリとして機能します)。 したがって、この暗号化を使用しない場合でも、Bitcoinアプリをインストールすることをお勧めします。

Share this post