万が一に備えたセキュリティ設定 (2つめのPINコード設定)上級者向け

この機能はLedger Blueでは使用できません。

Ledger Nano Sのファームウェアが1.3以降で使用可能です。

2つめのPINコードを設定する

この機能を使用すると、Ledger Nano Sに2つめのPINコードを入力した時のみ表示・管理できるウォレットが作成されます。

そして、基本的に大きな資産は2つめのPINコードを入力した時のみ表示できるウォレットに保管するようにしましょう。

これにより、万が一事件等に巻き込まれてPINコードの入力を強要されても従来のウォレットにある分だけの資産に被害を抑えることができます。

1つめのPINコードを教えた場合でも2つめのウォレットは表示されないので、2つめのウォレットの存在に気づかれることすらないでしょう。

2つめのPINコードの設定方法

・Ledger Nano SのSettingsを選択

・Securityを選択

・Passphraseを選択

・Attach to a PINを選択

・This feature is for advanced users. Would you like to continue (この機能は上級者向けです。それでもこの設定を続けますか?)と表示され、右のボタンを押すと設定続行となります。

 

・Choose a secret PIN codeと表示されたら両方のボタンを同時に押します。

・2つめのPINコードを決めて入力します。

・Confirm your secret PIN codeと表示されたら再度両方のボタンを同時に押します。

・PINコード入力画面になるので、先ほど入力した2つめのPINコードを入力します。

・Enter a secret passphraseと表示されたら両方のボタンを同時に押します。

・?0 – ab – AB(順番は異なる場合があります)と表示されたら

秘密のパスフレーズを決めて入力、最後にチェックマークを両方のボタンで同時に押します。(秘密のパスフレーズは最大100文字です)

フレーズを忘れた場合、二度とこのウォレットを表示することができなくなります。

?0 – ab -ABと表示されている時に両方のボタンを押すと真ん中のabが選択されたことになり、小文字のa〜zが選択可能になります。

?0 – 記号と数字

ab – 小文字のa〜z

AB – 大文字のA〜Z

・Confirm your passphraseと表示されたら両方のボタンを同時に押します。

・先ほど入力した秘密のパスフレーズが表示されますので、右のボタンでOK、左のボタンでNG再設定の流れになります。

(NGを選択すると一番最初から設定やり直しになります)

・Enter your current PINと表示されたら、両方のボタンを同時に押してから現在のPINコードを入力します。(2つめのPINコードではありません)

・Processingと表示されたら、少し待つと設定完了です。

 

これ以降PINコードの使い分けにより、2つめのウォレットを表示・管理することが可能です。

Share this post