ファームウェア1.4.1へのアップデート中に”MCU is not genuine”という表示が出た場合

このメッセージが表示された場合、お使いのPCでLedger Managerアプリを開き、以下の手順に沿って操作してください。

 

セキュリティに影響はないので、安心してください。

以下の手順をおこなう際にLedger Nano Sがリセットされることもありますので、念のため24個のリカバリーフレーズをご用意ください。

 

STEP1

1. 両方のボタンを数回押してください。

 ”Identifier 0000…0000 ”  と表示されます。

2. “The device will run in unsafe mode” と表示されます。

3. “The configuration of your Nano S will be erased but apps will remain accessible” と表示されます。

4. “To return to safe mode, connect the device to your computer, enter your PIN code and open the Ledger Manager app” と表示されます。

5. “Unplug the device now to abort” と表示されます。

この段階でLedger Nano Sを取り外してしまうと、これまでのプロセスは中止されやり直しになるのでご注意ください。

ファームウェアアップデートを継続したい場合は、引き続き両方のボタンを押してください。

 

STEP2

Ledger Managerアプリケーションがデータと同期するまで待ちます。

これには10分程かかります。

STEp3

Ledger Managerアプリの”Firmwares”をクリックします。

次に緑の”Install”ボタンをクリックします。

”Allow the Ledger Manager to update the firmware of your Nano S with version 1.4.1. Identifier…..” と表示されます。

右のボタンを押して、アップデートを続行します。

 

STEP4

“Update” と表示されます。

両方のボタンを押すと、インストールが開始されます。

以下の表示になっていれば、数分待ちます。

STEP5

数分待って、以下のように表示されればアップデート完了です。

Ledger Nano Sで”Settings” > ”Device” > ”Firmware”で1.4.1と表示されていることを確認してください。 

Share this post