ファームウェアアップデート中に”MCU is not genuine”という表示が出た場合

このメッセージが表示された場合、お使いのPCでLedger Liveアプリを開き、以下の手順に沿って操作してください。

 

セキュリティに影響はないので、安心してください。

以下の手順をおこなう際にLedger Nano Sがリセットされることもありますので、念のため24個のリカバリーフレーズをご用意ください。

 

STEP1

1. 両方のボタンを同時に押してください。

“Identifier 0000…0000 ”  と表示されます。

2. 両方のボタンをもう一度押して、”The device will run in unsafe mode”と表示されることを確認します。

両方のボタンを最後に一度押すと、ダッシュボードにアクセスできる場合があります。
ダッシュボードにインストールされたアプリが表示される場合は、
それら全てを必ずアンインストールしてください。
マネージャーでファームウェア更新の開始に進み、再試行してください。
 
そうでない場合は、デバイス修復ツールに進みます。
デバイスにまだ「MCU firmware is not genuine」が表示され、両方のボタンを2回押してもダッシュボードにアクセスできない場合は、次の手順に従ってください。
 
Ledger Liveで、右上の歯車マーク⚙>[Settings]> [Help]> [Repair your Ledger device]をクリックします。
「MCU not genuine」を選択し、[Repair]をクリックします。
修復プロセスが開始されます。 Nano Sにまだ「MCU is not genuine」が表示されている場合は、両方のボタンを同時に2回押すと、デバイスがダッシュボードに表示され、更新を続行できます。
Share this post