Ledger Nano Sファームウェア1.4.2アップデートのやり方

ファームウェア1.4.2へのアップデートでは、セキュリティの向上がもたらされます。

アップデートの詳細についてはこちらを参照ください。

よくある質問はこちら

 

パソコンのOSがwindows7の場合、アップデートができません。

windows7以外のパソコンでアップデートしてください。

修正に取り組んでいますが、現状これが唯一の方法です。

 

アップデートを実施する前に24のリカバリーフレーズがあることを確認してください。

アップデートがスムーズにできない場合は数時間から数日置いてから再度お試しください。今回のアップデートで多くのアクセスが集中し、サーバーに負荷がかかることが予想されます。そのためアップデートに時間がかかることがありますので、すぐに資金を移動したい等の場合は数日待ってからアップデートしてください。

 

1. 現在のファームウェアを確認する

Ledger Nano SをPCに接続し、

Settings > Device > Firmwareで確認できます。

このバージョン番号が手順5の最後で必要となるのでメモを取ってください。

 

ファームウェアのバージョンが1.3.1以下の場合は、アップデート後に24のリカバリーフレーズを再入力する必要があります。

 

2. Ledger Managerを起動する

Ledger ManagerアプリをPCで起動。

NanoSをPCと接続後、PINコードを入力。

3. 通貨ごとのアプリをアンインストール

Ledger ManagerアプリのAPPLICATIONSタブに移動。

インストール済みアプリのゴミ箱をクリックして通貨ごとのアプリをアンインストールすることでファームウェアインストーラー用の容量を確保します。

Bitcoinアプリは最後に削除してください。

4. アップデート開始

Ledger ManagerのFIRMWARESをクリック。

緑のINSTALLボタンをクリック。

Confirm Allow Ledger manager?と表示されたら右側のボタンを押します。

インストール中は、下の画面が表示されます。

5. アップデート続行

Update firmwareという表示が出たら、右のボタンを押します。

ファームウェアのバージョンが1.4.2であることを確認し,右のボタンを押します。

Ledger Nano SとLedger Managerに表示されている識別子が一致していることを確認します。

一致していることを確認後、右のボタンを押します。

ファームウェアがインストールされたら、Nano Sは再起動されます。

 

ここから先は、手順1 “1. 現在のファームウェアを確認する”で表示されたファームウェアのバージョンに応じて、2通りのやりかたがあります。

 

・ファームウェアバージョンが1.4.1だった場合

アップデート完了です。手順6をスキップし、手順7に進んでください。

・ファームウェアバージョンが1.3.1以下だったの場合

Nano Sに”MCU firmware is outdated”,

Ledger Managerに”To begin, connect your Ledger Wallet”と表示されます。

手順6に進んでください。

6. Nano Sを再起動する

Nano S左側ボタンを10秒長押し、そのまま左側ボタンを押したままUSBをPCから取り外してください。

その後、再度左側のボタンを押しながらUSBをPCに接続して下さい。

Nano Sに”Bootloader”、Ledger Managerに”Restoring MCU”と表示されます。

 

アップデート中、Nano Sに”Update”と”Processing”が表示されます。

これには数分かかる場合があります。

Ledger Managerに”To begin, connect your Ledger Wallet”と表示される場合は、”Installing firmware”が表示されるまで数分待ってください。

それでも表示されない場合は、以下の手順に従ってください。

-Ledger Managerを再起動。

-Nano Sを再接続。

-PINコードを入力

手順1で確認したファームウェアバージョンが

・1.3.1の場合、手順6に進んでください。

・1.2以下/Nano S本体をすでに使用されている場合、ウォレットを復元するために24のリカバリーフレーズを再入力する必要があります。”Configure as new device?”と表示されたら、左のボタンを押してください。

・1.2以下/Nano S本体がまだ使用されていない場合、”Configure as new device?”と表示されたら右のボタンを押してください。

 

7. Nano SのファームウェアとMCUのバージョンを確認

PINコード入力後、Settings > Device > Firmwareに移動。

Secure Elementのバージョンが1.4.2であることを確認します。

右のボタンを押して、MCUのバージョンが1.5であることを確認します。

これでアップデート完了です。

7. 通貨ごとのアプリを再インストール

Ledger ManagerのAPPLICATIONSをクリック。

インストールしたいアプリごとに緑のダウンロードをクリック。

アプリのインストールに失敗した場合は、Nano Sを再接続してください。

最初にBitcoinアプリをインストールしてください。

他のアプリをインストールするには、Bitcoinアプリのインストール完了が必要です。

Share this post