Ledger Liveの概要: インストールとトランザクション

これは、Ledger Liveの機能を詳しく紹介している2つのブログのうち、2番目のブログです。「リアルタイムによる残高と複数の通貨」に関する最初のブログをご覧になっていない場合は、 こちらから。

インストール

 

Ledgerウォレットは、秘密鍵のための最先端でセキュアなストレージを提供します。

ご自分の資産を守るために:

  • 8桁以内のPIN        – デバイスをアンロックするために使用
  • 24単語の復元フレーズ     –紛失または破損したデバイスから資産を復元する必要がある場合
  • デバイス認証       –Ledgerウォレットが改ざんされていない、または第三者によって不正利用されていないことを確認

新規のLedgerユーザーの場合は、最初にデバイスを使用する前に、これらの機能を設定する必要があります。

 

初期化

Ledger Liveを起動し、3つのオプションで作業を行います:

  • 新規のLedgerデバイスの初期化
  • Ledgerデバイスへのリストア
  • 既にご自分のデバイスは初期化済み

新規ユーザーの場合は、「Initialize your new Ledger device」を選択してください。

 

デバイスの選択

Ledger Nano SまたはLedger Blueのいずれかのデバイスタイプを選択するよう求められます。


初期化が開始され、PINを選択

USBケーブルでLedgerデバイスをコンピュータに接続する必要があります。

Ledger画面に表示される指示に従って、PINを設定します。PINは4桁以上8桁以内で設定します。

今後、デバイスを接続する際は、必ずPINを入力しなければなりませんので、覚えやすい数字を設定してください。ただし、他の方が推測できないように数字を設定してください。

Ledger Liveでは、重要な操作を行う場合は、いつでも通知を行います。

 
復元フレーズの保存

 

すべてのLedgerデバイスには、24単語の復元フレーズが必要です。

これは、デバイスの紛失や盗難、またはご自身がPINを忘れた場合など、何らかの問題が発生した場合に秘密鍵を確実に復元するために重要な保護手段です。

インストール中、Ledgerウォレットでは24単語のランダムシーケンスを生成し、デバイスの画面に1単語ずつ表示します。

それぞれのLedgerデバイスに用意されているリカバリーシートに、24単語を順番に書き記してください。

すべての単語を書き記すと、復元フレーズを確認するよう求められます。これは、Ledgerデバイスの画面上で選択された単語をスクロールし、適切なオプションを選択することによって行います。

インストールの完了後、ご自分のリカバリーシートは、Ledgerウォレットとは別の安全な場所に保管してください。

Ledgerデバイスおよび24単語の両方を失くしてしまった場合は、資産を復元する方法はありません。

 


デバイスの最終チェック

最後に、PINの設定を行い、24単語の復元フレーズを書き記したことを確認するように求められます。

Ledgerでは、デバイスが間違いなく設定され、改ざんされていないことを確認するためのチェックを行います。このチェックが完了すると、ご自分のLedgerウォレットを使用できるようになります

 

トランザクション

 

Ledger Liveでは、トランザクションシステムの再設計を行い、暗号資産の送受信をステップバイステップで行う方法を開発しました。

Ledger Liveでは、トランザクションをより細かく設定したい上級ユーザー向けに、様々なオプションを提供しています。

 

 

送金

Sending 1

仮想通貨やLedgerでサポートしている資産を送信する場合には、左側にあるLedger Liveのメインメニューから「send」をクリックします。

送信画面で、現在のLedger Liveアカウントから引き落としする口座を選択します。現時点での残高は、各アカウントの横に表示されます。

受信のためのメールアドレスは、次の方法で取得することができます。直接入力、メールからLedger Liveへコピー、コンピュータに組み込まれているカメラを使用してQRコードを撮影。

コンピュータの画面に表示されているアドレスが、受信アドレスと一致していることを確認してください。

 

送金額を入力すると、選択した通貨に換算された合計金額がLedger Liveに表示されます。

ユーザーは、トランザクション時の手数料を、高、中、低またはカスタムのいずれかで指定することができます。

 一般的には、 手数料の高い方が、より迅速にトランザクションが処理されます。

(実際のトランザクションの実績に基づいて)手数料のレベルをカスタムに指定する場合は、金額を直接入力することができます。ほとんどの場合、少額の手数料が表示されます。例:Satoshi for Bitcoin、Gwei、Mwei、Kwei、wei for Ethereum.

Ledger Liveでは、Ethereumのガスリミットを設定する機能など、特定の資産に対する高度なオプションを提供しています。

すべての詳細を設定すると、払い戻し総額(トランザクション手数料を含む)が、送信画面の下に表示されます。

 

Sending 2
Ledger Liveでは、は、Ledgerデバイスの秘密鍵を確認します。これを行うために、PINを使用してデバイスのロックを解除し、関連するアプリ(例: bitcoin)を起動するよう求められます。

送金額、手数料、受信者の公開鍵が、Ledgerデバイスに表示されます。

ユーザーは、デバイスに表示されているトランザクションの詳細を確認するように求められます。次に、Ledger Liveに確認画面が表示されます。操作の詳細な内容を表示することもできます。

 

 

受取り

ブロックチェーン資産の受け取り時に、Ledger Managerでは、保存されている秘密鍵に基づいて、公開鍵を生成することができます。

仮想通貨やLedgerでサポートしている資産を受け取る場合、メインメニューの左側にある「receive」をクリックします。

ドロップダウンメニューに表示されているアカウントを使用して、受け取りを行うLedgerアカウントを選択することができます。

この時点で、PINを使用してLedgerデバイスのロックを解除するよう求められます。

次にデバイスの認証が行われ、受信アドレスまたはLiveのQRコードが表示されます。Ledgerデバイスの画面にアドレスも表示されます。

ご自身のデバイスが利用できない場合でも、使用可能な受信アドレスを生成することができます。ただし、Ledgerデバイスを使用して認証されているアドレスに対する、セキュリティ保護は行なわれません。

 

Ledger Live はここからダウンロードできます

Share this post