MEW(マイイーサウォレット)との連携ができない、MEW(マイイーサウォレット)を使って送受金ができない場合の解決方法

ノアコインやERC20トークンなど、MEW(マイイーサウォレット)とレジャーナノSを連携させて送受金を行う際にエラーがでるケースがあります。
よくあるお問い合わせと解決方法をまとめてありますので、こちらの記事でご確認ください。

*ICOや固定のトークンのルールについてはサポート対象外になりますので、予めご了承ください。

*MEW(マイイーサウォレット)とレジャーナノSの連携方法についてはこちら(準備中)をご参照くださいませ。

よくあるお問い合わせ

  • トランザクションが作成されない
  • トランザクションは作成されるが送金ができない
  • マイイーサウォレットにログインできない
  • ハードウェアウォレット本体にエラーがでる
  • マイイーサウォレットにエラーがでる
  • マイイーサウォレットの残高が0になっている
  • 送金時、ナノS本体に異なるアドレスが表示される

 

解決方法

  • 対応のパソコンの確認をする(Windows:OS 8以上64Bit、Mac:10.9以降)
  • レジャーナノSのファームウェアのアップデートをして最新の状態にする
  • レジャーライブで最新のETH(イーサリアム)アプリをアカウント追加し、レジャーナノSにもインストールされているか確認する
  • ナノS本体はETH(イーサリアム)のアプリを開いている状態でMEW(マイイーサウォレット)に接続している
  • 送金時、トークンを送る際はナノS本体に送金先アドレスではなくトークンのコントラクトアドレスが表示されます。
  • Contract Dataをyesに設定する:レジャーナノS本体でETH(イーサリアム)のアイコンを選択、ETH(イーサリアム)アイコン内、SETTINGを選択
    「Brouwser support」は1.4.2のアップデートの時にデフォルトでONに設定されているので表示されません。
  • ブラウザ翻訳機能を解除する(日本語で進めるにはMEW(マイイーサウォレット)のページ内の右上のメニュータブから日本語を選択してください)
  • GASとWeiが適正か確認する
  • トークン自体にロックがかかっていないか確認する
  • ノードを確認する(イーサリアム・クラシックなど適正でないノードになっていたら変更する)
  • トークンの残高を引き上げる:トークンを送る際にはETH(イーサリアム)が手数料として必要です。ETH(イーサリアム)の残高が同アドレスに0の場合は送れません。
  • PC内のキャッシュ(Google Chrome内)を削除する
  • お使いのUSBポートとは異なるポートを使用する
  • お使いのパソコンとは異なるパソコンを使用する
  • お使いのブラウザとは異なるブラウザを使用する
  • 元々所有していたMEW(マイイーサウォレット)の残高とレジャーとの連携で発生した残高とを混同していないか確認する

よくあるエラー画像

  • タイムアウト
    「Failed to sign Ledger device timedout.T

    →送金時、ナノSにアドレスのチェックマークが現れたら、なるべく早めに右ボタンを押してください。

  • 「セキュリティキーにタッチしてください

    Ledger Nano Sが最新のファームウェアと最新のアプリバージョンを実行していることを確認してください。
    myetherwallet.com、Yoroi wallet、MetaMaskなどのウェブウォレットを使用してデバイスを使用すると、Windowsによってセキュリティポップアップが表示されます。

    そのようなウィンドウが表示された場合、キャンセルやXをクリックせずに、ウィンドウを横にずらして操作を行ってください。
    Xを押してしまうとデバイスがフリーズする可能性があり、再接続する必要があります。

 

Share this post