複数のデバイスで使用する

Ledger Liveは、複数のLedgerデバイスで使用できます。
自分で複数のデバイスを使用することも、デバイスを所有する複数の人々とPCを共有することもできます。

複数のデバイスのアカウントを追加する

Ledgerデバイスは、24ワードのリカバリーフレーズに紐づけられたアカウントへのアクセスを提供します。

リカバリーフレーズが異なるデバイスの場合

異なるリカバリフレーズを使用して複数のデバイスを設定した場合、デバイスごとにそれぞれアカウントを管理します。

・最初のデバイスにリンクされているアカウントを追加してください。他のデバイスでも同様に設定してください。

・アカウントがどのデバイスに属しているかが分かるように、アカウントごとに名前を付けてください。ただし、ポートフォリオにアカウントを追加すると
複数アカウントの合計評価額が合算されてグラフに反映されます。

・送信または受信時に、選択したアカウントに属するデバイスを接続してください。

同じリカバリーフレーズを持つデバイスの場合

別のデバイスにも同じリカバリーフレーズを復元した場合、両方のデバイスで同じアカウントを管理します。
その場合、両方のハードウェア・ウォレットをLedger Liveに使用できます。
自由にアカウントを追加することや、片方のデバイスで取引を確かめて、もう片方のデバイスから署名することができます。

複数の人とPCを共有する場合

・ユーザーアカウントをユーザー人数分追加します。

・ハードウェアウォレットでLedger Liveを使用するときには、自身のユーザーアカウントのLedger Liveにログインすることで使用できます。

Share this post