仮想通貨(暗号資産)を所有する仕組み

秘密鍵の管理

仮想通貨(暗号資産)を所有することは、秘密鍵を管理することです。

資産を最初に受け取るためには、秘密鍵から作成された公開アドレスへのトランザクションを要求します。
仮想通貨(暗号資産)を使うには、自身の秘密鍵を使ってトランザクションにデジタル署名します。

Ledger製品は、秘密鍵を盗難から安全に保ち、必要なときに暗号資産を送ることができる信頼性のあるサービスです。
ご自身で秘密鍵を管理していない限り、本当に暗号通貨を所有したことにはなりません。

秘密鍵をより安全に管理します。

Ledgerハードウェアウォレットは、簡単で安全に秘密鍵を管理できます。デバイスを設定すると、Ledgerの安全なセキュリティ機能によって一つの秘密鍵が作成されます。
秘密鍵と公開アドレスは全て秘密鍵から生成されるため、1つのデバイスで多数のアカウントと暗号資産を管理できます。

デバイス上の取引を検証して署名することによって取引します。出金の際は、暗号資産をハードウェアウォレットによって提供された公開アドレスに送るように要求します。

唯一のバックアップであるリカバリーフレーズを保存します

Ledgerハードウェアウォレットをセットアップするとき、24単語のリカバリーフレーズが提供されるので、慎重に書き留めておきましょう。
これが秘密鍵の唯一のバックアップです。ハードウェアウォレットにアクセスできない場合は、秘密鍵を復元できます。

安全に保管するために、24単語のリカバリーフレーズを正確に正しい順序で書き留めてください。コンピュータや電話には保存しないでください。
リカバリーフレーズを取得されたら誰でも暗号資産を盗み取ることができます。Ledger本体は秘密鍵を保存することも、それを要求することもありません。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)を所有するためには、ご自身の秘密鍵を管理する必要があります。

Ledgerハードウェアウォレットを使用すると、秘密鍵の管理が簡単かつ安全になります。

それぞれのユニークな24単語のリカバリーフレーズは秘密鍵の新しい組み合わせを作成します。

24単語のリカバリフレーズを適切に保護してください。

Share this post