Ledger Nano Xの初期設定

Ledger Nano Xを新しいデバイスとして設定してください。仮想通貨(暗号資産)を管理できるように、新しい秘密鍵が生成されます。また、新しい24単語のリカバリーフレーズを書き留めます。

Ledger Nano Xを使用していないときは、他の人がデバイスを使用できないように必ずロックしてください。

必要なもの

Ledger Nano X

iOS 9またはAndroid 7のスマートフォン、もしくはインターネットに接続されたパソコン(Windows 8 (64ビット)以上、macOS 10.8以上、またはLinux)。

Ledger Liveアプリケーションをダウンロードしてインストールする。

手順

Ledgerライブは、簡単で分かりやすいセットアップ手順を備えています。まず、アプリを起動してください。

ステップ 1. 新しいデバイスとして設定する

⑴Ledgerロゴが表示されるまでUSBポートの横にあるボタンを押してデバイスの電源をオンにしてください。
注意:ボタンを押し続けると、ブートローダ(Bootloader)メニューにアクセスします。デバイスの電源を切って再起動する必要があります。

⑵画面上の指示を読んでください。進むには右ボタンを、戻るには左ボタンを押してください。

⑶"Set up as new device"が表示されたら、両方のボタンを同時に押してください。

ステップ 2. PINコードを選択してください

⑴デバイスに[ Choose PIN code]が表示されたら、両方のボタンを押してください。

⑵左または右ボタンを押して数字を選択してください。両方のボタンを押して数字を有効にします。

を選択して4〜8桁の暗証番号を確認します。️を選択して数字を消去します。

⑷確認のため、もう一度PINコードを入力してください。 ・セキュリティの注意 ご自身のPINコードを選択してください。このコードはデバイスのロックを解除します。
最適なセキュリティのために8桁で設定されることをお勧めします。

PINコードやリカバリーフレーズが最初から提供されているデバイスは絶対に使用しないでください。
不明な点は、Ledgerカスタマーサポートに連絡してください。

ステップ 3. リカバリーフレーズを保存する

これで、24桁のリカバリーフレーズがLedger Nano Xの画面に一単語ずつ表示されます。リカバリーフレーズは一度だけ表示されますので注意してください。

⑴箱に同梱されている空白のリカバリーシートを取り出してください。

⑵"write down your recovery phrase"というメッセージが表示されたら、 両方のボタンを押してください。

⑶ワード#1をリカバリーシートに書き留めてください。正しくリカバリーシートの1番目に書き写したことを確認してください。右ボタンを押して次のワードに移動してください。

⑷ワード#24がリカバリーシートの24番目に書き込まれるまで、このプロセスを繰り返します。最後の画面で両方のボタンを押します。

⑸"Confirm your recovery phrase"が表示されたら、両方のボタンを押してください。

⑹リカバリーシートの1番目に記入した最初の単語を左または右ボタンで選択し、両方のボタンを押して確定してください。これを繰り返して、24単語のリカバリーフレーズ全体を確認します。

⑺セットアッププロセスが正常に完了すると、"Your device is ready"が表示されます。両方のボタンを押して「Access Dashboard」にアクセスします。 その後、ダッシュボードに入れます。

・セキュリティのヒント
リカバリーフレーズにアクセスされると資産が危険です。しっかりと保管してください。

Ledgerは、24単語のバックアップを保存しません。ご自身の責任で所有してください。

リカバリーフレーズやPINコードがあらかじめ付属しているデバイスは絶対に使用しないでください。

不明な点は、Ledgerカスタマーサポートに連絡してください。

Ledger Nano Xを使用していないときは、他の人がデバイスを使用できないように必ずロックしてください。

Share this post