Ledgerデバイスでマイニング収益を受け取る方法

この記事では、ハードウェアウォレットに大量の小さなトランザクションを送信するのが厄介な理由、解決策の候補、およびLedgerデバイスによって管理されたアドレスにマイニング収益を正しく送信する方法についての説明を提供します。

小さな取引を大量に受け取るのには適していません

ハードウェアウォレットで管理されているアドレスで、小額の支払いまたはダスト支払いを大量に受け取ると、次のことが起こります。

ブロックチェーントランザクションの同期の飽和、そして非常に長い期間のトランザクションの構築または検証。
したがって、ハードウェアウォレットは、マイニング活動の収益など、大量の小規模トランザクションを直接受け取るのには適していません。

0.001BTCの1,000回の支払いを受け、1BTCの合計を使いたいと思うと想像してください。ハードウェアウォレットのセキュアチップは、1,000回入力したトランザクションを作成し、各入力に署名する必要があります。

チップが過熱したり、計算エラーを起こしたりすることがあるため、数時間かかることも、全く成功しないこともあります。

小額の支払いがたくさんあった場合

ハードウェアウォレットにたくさんの小額の支払いを送った場合:

より大きな支払いをいくつか送ることによってコインを統合するようにしてください。たとえば、0.001 BTCを1,000回受け取った場合は、0.1 BTCを自分自身に送信してこれらを統合し、それを10回繰り返します。

または、24単語のリカバリフレーズをソフトウェアウォレット(できればオフラインのウォレット)にインポートし、新しく生成されたシードから派生したアドレスにウォレットを移します。

問題を防ぐためのバッチトランザクション

少額の支払いを受け取るソフトウェアウォレットを設定します。

定期的にこれらの収益をより大きなトランザクションにまとめてハードウェアウォレットに送ります。

Share this post