Ledger Nano Sの初期設定

Ledger Nano Sを新しいデバイスとして設定しましょう。
仮想通貨(暗号資産)を管理できるように、新しい秘密鍵が生成されます。また、新しい24ワードのリカバリフレーズを書き留めてください。

または、デバイスをリカバリーフレーズで復元して、既存のリカバリーフレーズにリンクされている秘密鍵を復元することもできます。

必要なもの

  • Ledger Nano Sと付属のマイクロUSBケーブル
  • インターネットに接続されたパソコン(Windows 8 (64ビット)以上、macOS 10.8以上、またはLinux)。
  • Ledger Liveアプリケーションをダウンロードしてインストールする。

設定方法

Ledgerライブは、簡単で分かりやすいセットアップ手順を備えています。まず、アプリを起動してください。

ステップ1:新しいデバイスとして設定する

⑴付属のUSBケーブルを使用してLedger Nano Sをコンピューターに接続します。

⑵画面の指示を読んでください。左右のボタンを同時に押すと続行します。

⑶確認アイコンの上にある右ボタンを押すと「Configure as new device?(新しいデバイスとして設定しますか?)」が表示されます。

ステップ2:PINコードを選択する

⑴[Choose a PIN]がデバイスに表示されたら、左右のボタンを押してください。

⑵右または左のボタンを押して、PINコードの最初の桁を選択します。

⑶左右のボタンを押して数字を選択します。

⑷PINコードのすべての数字が選択されるまで、この手順を繰り返してください。

⑸チェックアイコン(✓)を選択し、左右のボタンを押してPINコードを確認します。

⑹確認のため、PINコードをもう一度入力してください。

・Point

  • 自身でPINコードを選択してください。このコードでデバイスのロックが解除できます。
  • 8桁のPINコードは最適なレベルのセキュリティを提供します。
  • PINコードやリカバリーフレーズが付属しているデバイスは絶対に使用しないでください。
  • 疑問がある場合は、Ledgerサポートに連絡してください。

ステップ3:リカバリーフレーズを保存する

24単語のリカバリーフレーズがLedger NanoSに一語ずつ表示されます。
このリカバリーフレーズは一度しか表示されませんのでご注意ください。

⑴箱に同梱されている空のリカバリーシートを取ります。

⑵リカバリーシートに最初のワード(Word #1)を書き留めます。
1の位置に正しく書き写してください。

⑶右ボタンを押すと2番目のワード(Word #2)に移動します。
リカバリーシートの2の位置に正しく書き写してください。

⑷24ワード(Word #24)まで、このプロセスを繰り返します。
24ワードの後に「Confirm your recovery phrase」と画面に表示されます。

⑸左または右ボタンを動かし、要求されたワードを選択してください。
両方のボタンを押すとワードを確定します。要求されるワードごとにこの手順を繰り返してください。

⑹初期化が正常に完了すると、「Your device is now ready」が表示されます。

・Point

  • リカバリーフレーズを知られてしまうと誰でも資産を奪うことができます。しっかりと保管してください。
  • Ledgerは、24ワードのバックアップを保存しません。ご自身が唯一の所有者であることを確認してください。
  • リカバリーフレーズやPINコードが付属しているデバイスは絶対に使用しないでください。
  • 疑問がある場合は、Ledgerサポートに連絡してください。
Share this post