デバイスを紛失した場合、PINコード・リカバリーフレーズを忘れた場合

Ledger Nano Sにアクセスできない場合や、PINコードを忘れた場合、リカバリーフレーズを忘れた場合は、
仮想通貨(暗号資産)を失うことを防ぐために、この記事で説明されている手順に従ってください。

※リカバリーフレーズは安全に保管された状態にしてください。
Ledgerデバイスによって提供される最高レベルのセキュリティを保証するために、PINコードと24ワードのリカバリーフレーズを保護してください。

Ledgerデバイスにアクセスできない場合

⑴24ワードのリカバリーフレーズをサポートするハードウェアまたはソフトウェアのウォレットにリカバリーフレーズを復元してください。

⑵セットアップには、リカバリーフレーズを記入したリカバリーシートが必要です。

PINコードを忘れてしまった場合

⑴誤ったPINコードを3回入力すると、Ledgerハードウェアウォレットは初期状態にリセットされ、秘密鍵が消去されます。

⑵新しいPINコードを設定してください。

⑶リカバリーフレーズからデバイスを復元してください。

リカバリーフレーズを失くしてしまった場合

リカバリーシートは秘密鍵へのアクセスを提供する秘密鍵のフルバックアップです。
安全な場所に保管する必要があります。
リカバリーシートを見られてしまうと、デバイスのPINコードを知らなくても仮想通貨(暗号資産)を盗み取ることができます。

リカバリーシートを紛失した場合:

⑴両替サービスや他のハードウェアウォレットなどの一時的なアカウントに、全ての仮想通貨(暗号資産)をすぐに送信してください。

⑵Ledger NanoSをリセットするには、 間違ったPINコードを3回入力してください。

⑶新しいデバイスとしてLedger NanoSを設定します。新たなリカバリーフレーズを書き留めます。

⑷新しく設定したデバイスに仮想通貨(暗号資産)を改めて送金します。

以下の新しいリカバリーシートをダウンロードすることができます。

Share this post