アドレスを変更する

トランザクションには二つの宛先アドレスが含まれます。
1つのアドレスは受信者に属し、もう1つのアドレスは独自のハードウェアウォレットに属する変化アドレスです。
これは、ビットコインに基づく暗号資産に適用され、ETH、XRPなどには適用されません。

使い方

トランザクションが使用しているコインを完全に消費しない場合、その差額は俗におつりと呼ばれます。おつりは、おつりアドレスと呼ばれる自動生成されたアドレスに送り返されます。

  • Ledger Liveは、入力を完全に費やしていない新しいトランザクションごとに、新しいおつりアドレスを自動的に生成します。
  • Ledger Liveは自動的におつりを処理します。おつりアドレスのコインを追跡する必要はありません。
  • Ledger Liveでは、どのアドレスがおつりアドレスであるかを確認することはできません。

Electrumを使用してビットコインのおつりアドレスを確認できます。

アドレス確認

Ledgerデバイスで受信アドレスを必ず確認してください。少額での送金を行って無事に送金が確認されたのちに、大口送金を行うことをお勧めします。 必ず毎回デバイスとアプリの両方でアドレスを確認してください。

Share this post