リカバリーフレーズからの復元【Ver.2.19.0以降】

リカバリーフレーズを使用しての復元

Ver.2.19.0から画面表示が変更となっております。※当店サイトでも適時追加・修正して参ります。
 

Get startedボタンから開始

 

デバイスの選択の前に

次の画面では利用規約が表示されます。
 
リカバリーフレーズの重要性について書かれています。
Ledger Nano S本体が故障しても、リカバリーフレーズがあれば復元可能であること、Ledger Nano S本体には仮想通貨はデータとして存在しておらず、それぞれの仮想通貨はブロックチェーンに存在しています。
リカバリーフレーズの管理が一番重要であることを理解しており、もしリカバリーフレーズを間違えて書き留めていたり、なくした場合は資産を失うということを理解しています。
という文章が赤い文字で書かれています。
次が、利用規約とプライバシーポリシーを読み、同意しましたというチェックです。
両方にチェックを入れて進みます。
 

次にどのデバイスを接続しますか?という画面が出てきます。

使用するデバイスを選択してください。
 
 
次の画面では初めて使いますか?それともリカバリーフレーズを持っていますか?という選択肢が出てきます。
今回の記事はリカバリーフレーズでの復元ですので、「Already have a recovery phrase?」の中から下の
Restore your recovery phrase on a new deviceを選択します。
 
 
 

リカバリーフレーズを使用して復元・バックアップする事が出来るという案内です。

OK,I’m ready!のボタンから次に進みます。
 
 

Ledger側が外部回復セキュリティについて保証する事はないという注意喚起です。

了解の上、次に進んでください。
 
 
 

パソコンとLedgerデバイスを付属のUSBケーブルで接続してください。

本体側の画面の指示に従い、作業したい項目を選択します。
今回は復元ですので「restore from recovery phrase」を選択してください。
次にPINコードを設定して次に進みます。
 
PINコードは秘密鍵とデバイスへのアクセスを物理的に保護するといった表示です。
PIN コードは 4~8 桁の数字で設定ください。
 
 

Ledger Live側の表示の通りPINコードを設定←確認の為もう1度入力ください。

 
次にリカバリーフレーズの入力に進みます。お手元の復元したいリカバリーフレーズを用意ください。
 
 
リカバリーフレーズはご自身で最初にLedgerをセットアップした時にバックアップした秘密の言葉のリストです。
Ledger はあなたのリカバリーフレーズのコピーを保持していないといった文言です。
チェックを入れて本体側でリカバリーフレーズを入力します。
 
リカバリーフレーズの長さを選択してください。
Ledgerにおけるリカバリーフレーズは24つですので、それ以外の長さは使用しません。
(Ledger以外のハードウェアウォレットから復元する場合はその時に使用した物と長さを選択してください。)
 
 
 
右または左のボタンで選択して、最初の文字またはWord #1を入力します。
両方のボタンを押して、それぞれの文字を入力してください。
#1に該当するアルファベットを1文字ずつ入力していくと候補となる英単語が出てきます。
ボタンを操作して該当する単語が出てきたら両方のボタンを押して#1を確定させてください。
これらの操作を#1~#24まで行います。
 
 
全て入力が終わったらデバイス上はProcessの表示が出てきます。
Your device is now readyの表示が出てきたらPC画面の次の画面のGenuine checkに進みます。
 
 

正規品Checkです。Check my Nanoのボタンを押してください。

 
接続を促す画面が出てきたら一旦デバイスを繋ぎなおすか、
デバイスのYour device is now readyから右ボタンを押してダッシュボードを表示するメニューに移動して両方のボタンを押してください。
しばらくするとAllow ledger Managerの表示がデバイス側に表示されるので、再びボタンを押してください。
 

All goodが表示されたらコンティニューを押してデバイスにコインアプリの設定とアカウントの追加を行います。

 
 
 
 
 
 
 
Share this post