Ark に対応している Ledger デバイスは Nano S のみであり、対応 OS は Windows (7+)、Mac (10.8+)、Linux となっています。また、Nano S もしくは Blue の接続に際して USB ポートが必要となります。Android および iOS には対応していません。なお、Ledger デバイス上の Ark アプリケーションは Ledger Chrome アプリケーションではなく、Ark クライアントソフトウェアに対応しているという点に注意してください。なお、このソフトウェアはダウンロードする必要があります。

以下の手順に従って、Ark ウォレットを作成・起動させてください:

Ark クライアントソフトウェアのインストール

バージョン 1.3.2 以上のソフトウェアをインストールしてください。なお、これ以前のバージョンのソフトウェアをすでに使用している場合、画面左上にある ”New version available” をクリックしてアップデートを行なってください

・Windows もしくは Mac においてアプリケーションを開く際、発行元不明によるセキュリティ上の警告が発せられることがあるかもしれませんが、その際は “more information” をクリックし、インストールを行なってください

Ledger Manager を用い、Ledger デバイス上に Ark アプリケーションをインストールしてください

・Ledger Manager を起動させてください(インストールおよび使用法に関しては こちらを参照してください)

・Nano S を接続し、PIN コードを入力してください

・CLedger Manager で、Ark ロゴ付近にある緑の下向き矢印をクリックしてください。アプリケーションが見当たらない場合、下方にスクロールするしてみてください。それでも見つからない場合、こちらを参考に、デバイスをアップデートさせてください

・デバイス上でインストールの承認を行なってください

・Ledger Manager を終了させて下さい

“Unable to install application” というエラーメッセージが表示された場合、いくつかの原因が考えられます。詳しくは こちら を参照してください。

ここまでの手順は、1 度行ってしまえば今後は不要です。これで、Ark アカウントを管理するための準備が整いました。

上述アプリケーションのインストールが完了したら、Ark ウォレットを開いていきます:

・Ark クライアントソフトウェアを起動させてください

・Nano S 上で Ark アプリケーションを開いてください

・以下の手順に沿って “Browser support” を無効にします

– 右ボタンでスクロールして “settings” を選択し、両方のボタンを押して開いてください

– 右ボタンでスクロールして “browser support” を選択し、両方のボタンを押して開いてください

– 両方のボタンを押して “NO” を選択し、ブラウザサポートを無効にします

・Ark クライアントソフトウェア上で、新たなウォレットを確認することができます

・ウォレット詳細の閲覧ならびにウォレットの使用に際しては、ウォレットのタイトルもしくはアドレスをクリックしてください

トランザクション送信にあたっては、デバイス上でトランザクションの詳細(送信量、手数料、アドレス)を確認の上、承認する必要があります。Nano S において右ボタンを押すことによって承認を行うことができます。

以下の内容は、Ark チームによって発表されている内容となっています(https://blog.ark.io/full-ledger-nano-s-hardware-wallet-guide-for-ark-7bf7bfff4cef をご覧ください)

3.1 ARK の送信

クライアントアプリケーションから、送信元となるウォレットをクリックしてください。Nano S から ARKを送信するにはまず、送信アイコンをクリックします。次に、送信先のアドレス、ARK の送信量を入力してください。入力が終了したら、”Sign with ledger” というボタンをクリックしてください。なお、パスフレーズ(passphrase)に関しては Nano S にて処理されるので、入力の必要はありません。

‘Sign with Ledger’ をクリックしたら、Nano S のスクリーンに注目してください。送信先が表示されますので、これを承認する場合はデバイス上で右ボタンを、拒否する場合は左ボタンを押してください。

右ボタンを押して承認を行うと、デスクトップウォレットにおいてトランザクションの要約が表示されます。あとは “Send” ボタンをクリックすれば送信完了です!

3.2 投票方法

Nano S 上の ARK アドレスから投票を行うにあたっては、デスクトップウォレットにおいて、投票を行うためのアドレスの “VOTES” という部分をクリックしたのち、”ADD DELEGATE” というボタンをクリックしてください。

次に代理人の選択に移りますが、ここでは2つの選択肢があります。すなわち、ドロップダウンメニュー(第1行目に表示。現在有効な代理人のリスト)の中から代理人を選ぶか、自分で望ましいと考える代理人の名前を記入(第2行目)することができます。

これによって、代理人がリストに追加されます。しかしながらこれに加えて、投票を確認するためのトランザクションを承認・署名する必要があります。そこで、”VOTE” ボタンを押してください。

ここでは、Nano S を用いてトランザクションの署名を行います。デスクトップウォレットにおいてポップアップ画面が表示されるので、”SIGN WITH LEDGER” というボタンをクリックしてください。次に、Nano S の画面において、”Vote” の文字ならびに投票のためのトランザクションの詳細が表示されますので、これを承認する場合は右ボタンを、拒否する場合は左ボタンを押してください。

Nano S デバイス上で承認を行なったならば、投票のためのトランザクションの概要をデスクトップウォレットから確認することができます。ここで “SEND NOW” というボタンを押せば、トランザクションの承認が完了となります!

3.3 投票の取消し・変更方法

Ledger の ARK アドレスにおける投票に関して変更するという場合、ステップとしては投票の時と同様です。まず、変更対象となる ARK アドレスをクリックし、”VOTES” タブをクリックし、現在投票を行なっている対象の代理人のチェックマークを外し、”VOTE” ボタンを押します。

ここで、デスクトップウォレットにてポップアップ画面が現れるので、”SIGN WITH LEDGER” というボタンをクリックし、Nano S の右ボタンによってデバイス上で承認を行なってください。

すると、デスクトップウォレット常において投票取り消しのためのトランザクションに関する概要が表示されますので、”SEND NOW” というボタンをクリックしてトランザクションを承認してください。

投票の変更を行う場合、10 ~ 15 秒程度待ったのち、左側メニューにある現在の Ledger ARK アドレスをクリックしてください(投票の取消しを行なったアドレスです)。これにより投票リストがアップデートされ、その結果、リストは空白となるはずです。表示がされないという場合、ウォレットを再起動させてください。再び投票を行う場合、先ほどの 3.2 における説明に従ってください。

3.4 複数の Ledger ARK アドレス

Nano S によって Ark のプラットフォームを使用すると、デスクトップウォレットのメインスクリーンにおいて、”1 Accounts” という表記が目につくかと思います。

そして、Nano S において最初に ARK アドレスを使用(トランザクション送信、投票、他のアドレスへの送信)したのち、Nano S が接続された状態で ARK デスクトップウォレットを再起動すると、”2 Accounts” という表記が見られるかと思います。何が起きたかと思うかもしれませんが、これは全く問題ありません。ARK および Ledger は BIP44 基準に対応しており、1 つの Ledger デバイスにおいて、1つのマスターパスフレーズを用いて何千もの ARK アドレスを生成することが可能となっているのです。したがって、実際は好きな数だけ ARK アドレスを保有・使用することができます。1つのアドレスで十分でない場合、(1つのトランザクションが完了した後に)2つ目のアドレスを使用すれば良いのです。ここにおいて ARK デスクトップウォレットを再び開いた際には、”3 Accounts” という表示がなされることとなります。新たなアカウントが必要な際は、このプロセスを用いれば良いのです。

Ledger ARK アドレスから送信するという場合、左側にある “Ledger Nano S” という部分をクリックしてください。現在ある ARK Ledger Nano S のアドレスリストが表示されます。

説明は以上となります。さらに質問がある場合、FAQセクションをご覧ください。

使用方法

Ark クライアントは、アカウント管理のためのアプリケーションで、Ark トランザクションを送受信、投票、ならびに残高の確認などの際に用いることができます。 アプリケーションは Ark チーム により開発・発表されています。 Ledger Nano S を用いて ARK を管理することにより、デバイスのセキュアエレメント内において秘密鍵および慎重を要する操作が保護されることとなります。したがって、これらがオンライン上に露出されることはありません。 送信にあたっては、デバイス上で確認・承認を行う必要があります。スクリーン上に送信量・受取先アドレスが表示されるので、これを手動で承認する必要があります。 なお、Ark の Ledger 対応機能に関してはベータ版となっています。詳細に関しては、Ark ブログを参照してください。