ビットコインダイヤモンド(Bitcoin Diamond)のネットワーク(ブロックチェーン)はまだ公式に存在していないので、Ledger デバイスではまだご利用いただけません。

ソースコードが発表され、採掘が十分に行われ取引所でもしっかりと取り扱われるようになったら、Ledger デバイスにおいても対応していくことになります。

2017年11月24日にビットコインダイヤモンド(Bitcoin Diamond)のフォークが予想されているので、分裂により生じるビットコインダイヤモンド(Bitcoin Diamond)の残高はその日付におけるビットコイン(Bitcoin)残高に基づいて決定されます。開発者側の発言が正しければ、リプレイ攻撃への対策は行われているので、ビットコインダイヤモンド(Bitcoin Diamond)を使用することによってビットコイン(Bitcoin)が失われたりする(あるいはその逆)ことはありません。