”Sending failed: unable to validate transaction”というメッセージが表示される問題に関して

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)を送金する際、ビットコイン(Bitcoin)Chrome アプリケーションにおいて「送信失敗」(”Sending failed”)というメッセージが表示されることがあります。この場合、以下の原因が考えられます。

・バージョンアップデートが必要な場合:ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)Chrome アプリケーションを手動でバージョン 1.1.16 へとアップデートし、トランザクションの手数料を設定してください。1 バイト あたり 5 ~ 200 satoshi 程度で十分です

・Nano S または Blue 上においてビットコインゴールド(Bitcoin Gold)アプリケーションを用いていない場合、もしくはこれを Ledger Manager からダウンロードしていない場合。こちらを参照してください

・デバイス上でビットコインゴールド(Bitcoin Gold)アプリケーションを使用してはいるものの、データの同期最中に問題が発生した場合 ”settings” > “tools” > “reset application” よりビットコイン(Bitcoin)Chrome アプリケーションをリセットし、再び試してください。

ビットコインゴールド (BTG) アドレスが、トランザクションごとに変化するという現象に関して

ビットコイン(Bitcoin)Chrome アプリケーションは階層決定性(HD)プロトコルを用いているので、同じアカウント上で複数のアドレスを管理することができます。

したがって、ビットコインゴールド(BTG)を受信するたびにアドレスが新たなものへと置き換えられますが、この新たなアドレスは以前のアドレスと同様のアカウントによって管理されます。これは、セキュリティならびにプライバシー保護のための機能です。

生成されるアドレスは1度使用した後も有効であり、アカウント持ち主に帰属します。全てのトランザクションは Chrome アプリケーション上に表示されることとなります。

Segwit アドレスに関連した問題について

Ledger Manager を用いて Ledger ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)アプリケーションをバージョン 1.1.16 へとアップデートさせてください。


ビットコインゴールド(BTG)へのアクセスは、以下の手順に従ってください

1. Ledger ビットコイン(Bitcoin)Chrome アプリケーション(バージョン1.9.9)を用意してください

2. Ledger Nano S のファームウェアのバージョンが、1.3.1 であることを確認してください

3. Ledger Manager を用いてビットコインゴールド(BTG)アプリケーションを Ledger デバイス上にインストールしてください

4. Ledger ビットコイン(Bitcoin)Chrome アプリケーションを起動させてください

5. デバイス上で、ビットコインゴールド(BTG)アプリケーションを起動させてください

6. Chrome アプリケーション上で、”BTG split tool” をクリックしてください

7. ビットコイン(BTC)が レガシー チェーン上に存在している場合は “LEGACY” を、そうでなければ “SEGWIT” を選択してください。

8. アプリケーションの同期が開始されます(少し時間がかかります)

9. 同期が完了すると、7 で選択したチェーン上にて、ビットコインゴールド(BTG)を確認することができます