本チュートリアルは Nano S と Blue のみに関する内容となります。

注意:Nano S・Blue のスクリーン上には、支払い額ではなくお釣り額が表示されます。このバグは Ledger デバイス上のビットコイン(Bitcoin)アプリケーションの次回リリース時に修正されます。

Mycelium(バージョン 2.8.5 以降)は Ledger Nano S および Blue に対応しており、Google Play よりダウンロードが可能です。Ledger デバイスをスマートフォンに接続するにあたっては、OTG アダプターが必要となります。

まず、新しくアカウントを作成する必要があります:”Accounts” を選択し、”+ 鍵アイコン” ボタンを押してください

“Advanced” を選択してください

“Ledger” を選択してください

Ledger デバイスを OTG ケーブルを用いてスマートフォンに接続し、PIN コードを入力してビットコイン(Bitcoin)アプリケーションを開いてください

すると、Myceluim は Ledger デバイス上のアカウントと同期します

しばらくすると、Ledger デバイス上にある全てのアカウントが表示されるので、インポートしたいアカウントを選択してください

もちろん、このプロセスを繰り返すことで、Ledger デバイス上のアカウントを好きなだけインポートすることもできます。

アカウントは選択されると Mycelium 上に追加されますので、これをデフォルトのアカウントとして用いることができます

Ledger デバイスは、トランザクションを署名する際のみに必要となります。その際は、デバイスのスクリーン上で直接承認を行います。


ニューヨーク合意における2番目の項目である Segwit2x は、494,784 番目のブロック(およそ 2017年11月16日に形成)を起点として、

ブロックサイズを 1MB から 2MB へと増加させることにより実行される予定でした。

しかし、これは結局実現しない形となりました

 

これに関する詳細は、こちらの公式記事をご覧ください。