Ubiq に対応している Ledger デバイスは Nano S および Blue であり、対応 OS は Windows (7+)、Mac (10.8+)、Linux もしくは Chrome OS となっています。また、ブラウザとして Chrome または Chromium が、Nano S または Blue の接続に際して USB ポートが必要となります。なお、Android および iOS には対応していませんのでご注意ください。

Nano S をご使用の場合、ファームウェアバージョンが 1.3.1 以上である必要があります。

 

Ledger Manager を用い、デバイス上に Ubiq アプリケーションをインストールします

 

・Ledger Manager を起動させてください(インストールおよび使用法に関しては こちらを参照してください

・Nano S もしくは Blue を接続し、PIN コードを入力してください

Ledger Manager を開き、Ubiq ロゴ付近にある緑の下向き矢印をクリックしてください

・デバイス上でインストールの承認を行なってください(“Unable to install application” というエラーメッセージが表示された場合、いくつかの原因が考えられます。詳しくは こちら を参照してください

・Ledger Manager を終了させて下さい

以下の手順に沿って Ubiq のアカウント設定を行なってください

・デバイス上で、Ubiq アプリケーションを開いてください

・以下の手順に沿って “Browser support” を有効にします:

NANO S の場合

– 右ボタンでスクロールして “settings” を選択し、両方のボタンを押して開いてください

– 右ボタンでスクロールして “browser support” を選択し、両方のボタンを押して開いてください

– 両方のボタンを押して “YES” を選択し、ブラウザサポートを有効にします

BLUE の場合

– 左上のメニューをタップしてください

– スライダーをタップして、”browser support” を有効としてください

以下の手順に沿って、Ubiq ウォレットを開きます

https://pyrus.ubiqsmart.com/ を開いてください

・”Send UBQ & tokens” タブをクリックしてください

・”How would you like to access your wallet” において、”Ledger Wallet” を選択してください

・”Connect to Ledger Wallet” という緑色のボタンを押してください

・すると、ポップアップ画面が現れます

・Ledger が用いている Ubiq のパスがデフォルトで選択されているはずですので、これを選択してください。選択されていない場合、 m/44’/108’/0’/0 (”Ledger (UBQ) & Ubiq based tokens” という表示の上にあるパスです)を選択してください

・管理するアドレスを選択してください(なお、画面下において別アドレスを表示させることもできます)

・”Unlock your wallet” をクリックしてください

使用方法

送信にあたっては、デバイス上で確認・承認を行う必要があります。スクリーン上に送信量・受取先アドレス・手数料が表示されるので、これを手動で承認する必要があります。