Ledger Liveアプリケーションには、ポートフォリオ内の仮想通貨(暗号資産)の価値が表示されます。
まず、アカウントの価値がBTCに変換さます。
その後、合計のBTC値が[Settings]で設定されている通貨に変換されます。

価値の計算例(Example of countervalue calculation) 表↓

資産の価値

Ledger Liveに表示される仮想通貨(暗号資産)の価値はさまざまな情報源から編集されたものです。
特定の取引の価値は、第三者によって決定されます。
Ledgerは、この情報の正確性や完全性、適時性、正確な変化について一切責任を負いません。

通貨とレートプロバイダを選択する

表示する通貨と使用するレートプロバイダを選択してください。
利用可能な通貨は取引所で十分な量のBitcoinの取引ペアを持っています。

⑴ [Settings]タブをタップしてから、[General]セクションを開きます。

⑵「Countervalue」をタップして、リストからご希望の通貨を選択してください。

⑶ レートプロバイダリストで使用するレートプロバイダを選択します。
    ※24時間ボリュームを持つレートサービスがデフォルトのレートプロバイダとして選択されます。

仮想通貨(暗号資産)のレートプロバイダを選択する

⑴ [Setting]タブをタップします。

⑵ [Currencies]セクションを開きます。

⑶ 仮想通貨(暗号資産)を選択して設定を変更します。

⑷ レートプロバイダリストから、使用するレートプロバイダを選択します。
    ※24時間ボリュームを持つレートサービスがデフォルトのレートプロバイダとして選択されます。


Ledgerハードウェアウォレットで保護された仮想通貨(暗号資産)を管理するためにLedger Liveにアカウントを追加します。
アカウントを追加すると、Ledger Live単体で残高確認ができます。

始める前に

  •  Ledger Liveを使用する準備ができている。

  •  Ledger Liveでサポートされている仮想通貨 (暗号資産)を確認する。
    多くの仮想通貨(暗号資産)は他のアプリケーションを使用する必要があります。

  •  Ledgerハードウェアウォレットに必要な仮想通貨(暗号資産)の最新バージョンの
    アプリがインストールされていることを確認する。

例:Bitcoinアカウントを追加する場合、Ledgerデバイスに最新のBitcoinアプリがインストール
されていることを確認してください。

設定方法

最上部のバーには[各種設定]用のボタンががあります。

① Accounts で「アカウントを追加」をクリック 

② 追加するコインを選択して「続行」をクリック 

③ Ledger Nano Sで追加するコインのアプリに進み、「続行」をクリック

④ 既存のアカウントを追加する場合は「既存アカウントを追加」、 
  新規でアカウントを追加する場合は「新規アカウントを追加」
  のチェックボックスをクリック

アカウント削除方法

① Accounts で「削除したいコイン」をクリック

② 右上のレンチマークをクリック

③ 内容を確認して「削除」、次に「確認」をクリック

*アカウントの名前を変更するには

① Accounts で「削除したいコイン」をクリックします。

② 右上隅の🔧アイコンをタップし、[アカウント名]に名前を入力します。

③ 内容を確認して「適用」をクリックします。​


Ledger Liveの画面は3つの要素で構成されています。
左側にメニューがあり、一番上のバーには[各種設定]用のボタンが右端にあり、
[メイン画面]があります。

Menu (メニュー)

Portfolio : 自身の資産情報
Accounts :各通貨の管理
ポートフォリオ内のアカウント名と残高を表示しています。

  • アカウントをクリックします。
  • アカウントを追加するには、青い”Add account”ボタンをクリックしてください。

*日本語での設定方法はこちらをご覧ください

Send:仮想通貨(暗号資産)の送信
Receive:仮想通貨(暗号資産)の受信
Manager:Ledgerデバイスで各通貨アプリの管理(インストール・アンインストール)
Buy crypto:選択した仮想通貨(暗号資産)両替サービスの表示

各種設定

最上部のバーには[各種設定]用のボタンががあります。

  • ネットワークステータス:追加した仮想通貨(暗号資産)の
    ブロックチェーンネットワークの現在のステータス。
    クリックすると同期ができます。
  • Settings(歯車マーク:Ledger Liveの設定
  • Password lock(鍵マーク): アイコンをクリックするとLedger Liveをロックし、
    パスワード入力画面に戻ります。

メイン画面

メイン画面は、Ledger Liveの各メニューを反映します。
上の画像は、Portfolio(ポートフォリオ)が現在メイン画面で開かれていることを
示しています。


Ledger Liveアプリケーションを初めて使用する際は、こちらの項目をご参照ください

※別のデバイスを設定する場合、設定の[Help]タブからオンボーディングプロセスを
再開してください。

設定方法

Ledgerデバイスを初期化や復元する場合、以下の手順に従ってください。
すでに初期化されているデバイスを使用している場合、
ステップ3:セキュリティチェックリストに進んでください。

ステップ1:はじめに

⑴Ledger Liveを起動します。

⑵[Get started]をクリックします。

⑶どちらかを選択してください。

  • 購入したばかりのデバイスを使用している場合 :
    「Initialize a new Ledger device」

  • 以前に保存した24ワードのリカバリフレーズを使用して設定を復元したい場合 :「Restore a Ledger device」

⑷デバイスを選択して[Continue]をクリックします。

ステップ2:デバイスのセットアップ

Ledgerデバイスは安全に仮想通貨(暗号資産)へアクセスする秘密鍵を保存します。

⑴Ledger Liveに記載されている手順に従ってデバイスを設定します。

⑵完了したら、[Continue]をクリックします。

ステップ3:セキュリティチェックリスト

セキュリティチェックリストを完成させて、最適なレベルのセキュリティであることを確認します。

⑴「Yes」または「No」をタップして、画面上の質問に答えてください。

※質問に対して「No」と答えた場合、または疑問がある場合はお問い合わせください。

⑵お使いのデバイスが本物のLedgerデバイスであることを確認する場合、[Check Now]をクリックしてください。

本物のLedgerデバイスのみが、Ledgerの安全なサーバーに接続できます。

※このプロセスには少し時間がかかります。

⑶完了したら、[Continue]をクリックします。

ステップ4:パスワードロックの設定(オプション)

プライバシーを強化するためにLedger Liveのロックを解除するパスワードを設定してください。 この機能は、共有コンピュータを使用している場合に便利です。

⑴パスワードを設定したくない場合は、「Skip this step」をクリックしてください。

⑵「Password」入力画面でパスワードを選択してください。

⑶パスワードの確認用入力画面にもう一度パスワードを入力します。

⑷[Continue]をクリックします。

※パスワードを忘れないようにしてください。
忘れてしまった場合、Ledger Liveをリセットしてアカウントを再度追加する必要があります。ただし、仮想通貨(暗号資産)への影響はありません。

ステップ5:バグ報告と分析

技術データ以外にも、匿名データをLedgerと共有して製品の改善に役立てることができます。拒否しない限り、Ledgerはこのデータを自動的に収集します。
[Settings]ページから設定できます。

⑴共有するデータを選択してください。

  • Report bugs:アプリケーションがクラッシュしたときに自動的にバグレポートを送信します。

  • Analytics:使用状況データの分析を有効にして、Ledgerによるユーザーエクスペリエンスの向上を支援します。

⑵[Continue]をクリックします。

⑶[Launch Ledger Live]をクリックしてアプリケーションを開きます。