Ledgerハードウェアウォレットで保護された仮想通貨(暗号資産)を管理するためにLedger Liveにアカウントを追加します。
アカウントを追加すると、Ledger Live単体で残高確認ができます。

始める前に

  •  Ledger Liveを使用する準備ができている。

  •  Ledger Liveでサポートされている仮想通貨 (暗号資産)を確認する。
    多くの仮想通貨(暗号資産)は他のアプリケーションを使用する必要があります。

  •  Ledgerハードウェアウォレットに必要な仮想通貨(暗号資産)の最新バージョンの
    アプリがインストールされていることを確認する。

例:Bitcoinアカウントを追加する場合、Ledgerデバイスに最新のBitcoinアプリがインストール
されていることを確認してください。

設定方法

最上部のバーには[各種設定]用のボタンががあります。

① Accounts で「アカウントを追加」をクリック 

② 追加するコインを選択して「続行」をクリック 

③ Ledger Nano Sで追加するコインのアプリに進み、「続行」をクリック

④ 既存のアカウントを追加する場合は「既存アカウントを追加」、 
  新規でアカウントを追加する場合は「新規アカウントを追加」
  のチェックボックスをクリック

アカウント削除方法

① Accounts で「削除したいコイン」をクリック

② 右上のレンチマークをクリック

③ 内容を確認して「削除」、次に「確認」をクリック

*アカウントの名前を変更するには

① Accounts で「削除したいコイン」をクリックします。

② 右上隅の🔧アイコンをタップし、[アカウント名]に名前を入力します。

③ 内容を確認して「適用」をクリックします。​


Ledger Live Mobileアプリの準備が整ったら、Managerを使用してLedgerハードウェアウォレットにアプリをインストールする必要があります。
Managerでは、容量を空けるためにアプリをアンインストールすることもできます。

アプリについて

Ledgerデバイスは安全に仮想通貨(暗号資産)へアクセスする秘密鍵を保存します。
“アプリをインストールすることで、Ledgerデバイスを様々な仮想通貨(暗号資産)に使用できます。
例えば、Bitcoinを管理するには、Bitcoinアプリをインストールする必要があります。”
“Ledgerデバイスのストレージは限られておりますので、必要に応じてアプリをインストールおよびアンインストールできます。
デバイス上の秘密鍵は安全に保護され、リカバリーシートにバックアップされます。”

[Manager]を開く

⑴[Manager]タブをタップします。
⑵Ledgerデバイスを接続してロックを解除します。
⑶デバイスでメッセージが表示されたら、Ledgerマネージャーを許可してください。
これでマネージャが開き、アプリケーション一覧とデバイスセクションが表示されます。

アプリをインストールする

⑴[App catalog]からインストールするアプリを検索します。
⑵アプリの”Install”ボタンをタップします。

  • インストール画面が表示されます。
  • デバイスは”Processing...”と表示され、アプリのインストールが確認されます。

※Ledgerデバイスに十分なストレージ容量がない場合は、いくつかのアプリをアンインストールして空き容量を確保してください。
アプリのアンインストールをしても、秘密鍵は常にLedgerハードウェアウォレット上で保護されているので、仮想通貨(暗号資産)を失うことはありません。

アプリをアンインストールする

⑴[App catalog]でアンインストールするアプリを検索します。
⑵アプリのゴミ箱ボタンをタップします。

  • アンインストール画面が表示され、アンインストールが確認されます。
  • アプリがアンインストールされていることをデバイスで確認してください。

※BitcoinまたはEthereumアプリをアンインストールする場合、すべてのBitcoinおよびEthereumに従属するアプリが先にアンインストールされていることを確認してください。


Ledger Live Mobileを初めて使用する際は、こちらの項目をご参照ください。

※別のデバイスを設定するには、[Setting]の[Help]からオンボーディングプロセスを開始してください。

始める前に

  • Ledger Live Mobileのダウンロードをしてください。
  • Ledger Nano SまたはLedger Blueを使用する場合、まずパソコン版のLedger Liveアプリでデバイスとアカウントを設定します。
    その後、Ledger Live Mobileにアカウントをインポートしてください。

設定方法

ステップ1 : 準備

LedgerNanoX

⑴スマートフォンでLedger Liveアプリを開きます。
⑵「Get started」をタップします。
⑶「LedgerNanoX」をタップします。
⑷オプションを選択してください。

Import desktop accounts : デバイスがすでにセットアップされており、アカウントがパソコン版のLedger Liveにある場合。
後述の「デスクトップアカウントのインポート」に進みます。

Initialize as new device : ステップ2に進みます。
Restore from recovery phrase : ステップ2に進みます。
Use initialized device : お使いのデバイスがすでに設定されている場合。ステップ3に進みます。

LedgerNanoS&Ledger Blue

⑴スマートフォンでLedger Liveアプリを開きます。
⑵「Get started」をタップします。
⑶デバイスを選択してください。
⑷デバイスがすでにセットアップされており、アカウントがLedger Liveデスクトップにある場合、以下の「デスクトップアカウントのインポート」に進みます。
それ以外の場合は、パソコン版のLedger Liveを使用してデバイスを設定してください。

・デスクトップアカウントのインポート

⑴「Import desktop accounts」をタップします。
⑵パソコン版のLedger Liveアプリを起動し、Settings > Export accountsに行き、”Export”をクリックしてください。
⑶スマートフォンで[Scan QR code]をタップし、プログレスが100%に達するまでQRコードをスキャンします。
⑷インポートするアカウントを選択し、[include general settings](設定を含む)を選択して[Continue]をタップします。
Ledger Live Mobileのアカウントは、ブロックチェーンで同期します。ただし、アカウントはデスクトップとモバイル間で同期しません。

ステップ2 : デバイスのセットアップ

⑴オプションを選択してください。

・「Set up as new device」:初めてハードウェアウォレットを使用する場合に選択してください。
Ledger Live Mobileの指示に従ってPINコードを選択し、リカバリーフレーズを書き留めてください。

・「Restore from recovery phrase 」:復元するリカバリーフレーズが既にある場合に選択します。

ステップ3 : LedgerNano Xとのペアリング

⑴Ledger Liveで「Pair new Ledger Nano X」をタップします。
(デフォルトは有効になっています。Bluetoothのオン/オフを切り替えるには再起動が必要です)。
※Androidでは、Ledger Liveとペアリングする際に位置情報サービスが必要となります。
ただし、位置情報はLedgerによって使用されることはありません。

⑵Ledger LiveでLedger Nano Xが検出されたら、選択してください。
ペアリングコードの要求が両方のデバイスに表示されます。

⑶両方のコードが同じであることを確認します。

⑷Ledger Nano Xの両方のボタンを押すと、ペアリングの確認ができます。

⑸Ledger Nano Xの両方のボタンを押して、Ledger Managerを許可します。
ペアリングは、Ledgerの安全なサーバーでチェックを行った後に完了となります。

⑹Ledger Nano Xのデバイス名を変更するには、「Rename」をタップします。

ステップ4.パスワードロックの設定(オプション)

プライバシーを強化するためにアプリのロックを解除するパスワードを設定できます。
スマートフォンの機能に応じて、パスワードを入力せずに生体認証を有効にしてアプリのロックを解除することもできます。

⑴[Set password]をタップします。パスワードを設定したくない場合は、[Skip] をタップします。
⑵パスワードを入力し、[Confirm]をタップします。
⑶もう一度パスワードを入力してください。
⑷ボタンをタップすると、顔や指紋を使ってLedger Liveアプリのロックを解除できます。
⑸[Continue]をタップします。
※パスワードを忘れないようにしてください。
忘れた場合、Ledger Liveアプリをリセットしてアカウントを再設定する必要があります。ただし、仮想通貨(暗号資産)への影響はありません。

ステップ5.バグ報告と分析

技術データ以外にも、匿名データをLedgerと共有して製品の改善に役立てることができます。
拒否しない限り、Ledgerはこのデータを自動的に収集します。これはSettings > Generalから設定できます。

⑴共有するデータを選択してください。
Analytics:使用状況データの分析を有効にして、Ledgerによるユーザーエクスペリエンスの向上を支援します。
Bug reports:アプリケーションがクラッシュしたときに自動バグレポートを送信して安定性を向上させることができます。
[Continue]をタップして、Ledgerのプライバシーポリシーと利用規約を読み、同意します。
ポートフォリオにアクセスするには、”Open Ledger Live” をタップします。



Ledger Live Mobileアプリを使用すると、Ledgerハードウェアウォレットの管理に必要な機能と自身で保護している仮想通貨(暗号資産)を簡単に見つけることができます。

タブメニュー

アプリの下部には、アプリ内の様々なコンテンツにアクセスが可能なタブメニューがあります。

Portfolio : 自身の口座情報

Accounts : アカウント管理

Transfer : 仮想通貨(暗号資産)の送受信

Manager : Ledgerデバイスの管理 (Ledger Nano XまたはAndroid対応のOTGケーブルでのみ使用可能)

Settings : 設定

Portfolio

[Portfolio]では、アカウントの合計残高や指定した期間の資産状況を確認できます。期間の切り替えボタンはグラフのすぐ下に表示されます。

Accounts

[Accounts]では、自身が保持している全てのアカウントの残高や同期ステータスが表示されます。
それぞれのアカウントをタップすると、詳細を表示したり、設定の変更ができます。
左上隅のボタンでソート順を変更したり、右上隅の+アイコンをタップしてアカウントを追加したりできます。

Manager(LedgerNano Xでのみ使用可能な機能です)

[Manager]では、[App catalog]タブと[Device]タブがあります。
[App catalog]では、Ledgerデバイスにインストール/アンインストールするアプリを見つけることができます。
[Device]タブで、デバイスファームウェアの更新や、名前の変更ができます。

Setting

[Setting]では、いくつかのセクションがあり、様々な環境設定やアプリ情報を検索できます。


トランザクションがオペレーションリスト内で長時間(数日ほど)保留になることがあります。
トランザクションが最初の承認を受けるまでの時間は、以下の条件によって異なります。

・取引に含まれるネットワーク手数料やガス(gas)の比率。

・現在、ブロックチェーンネットワーク内で保留中のトランザクションの負荷。

ネットワーク手数料取引の状況について詳しく知る。

トランザクションがドロップされるまで待つ

・ひたすら待ち続けます。数日かかることがあるとしても、取引は確認されるかもしれません。

・ほとんど起こることはないですが、トランザクションがネットワークからドロップ(消滅)されるまで待つこともできます。

・トランザクションがドロップされると、「Last operations」から消えます。

ネットワーク手数料を上げる

Bitcoinのような仮想通貨(暗号資産)の場合、取引を高速化するためにネットワーク手数料を上げることができます。


Ledgerデバイスを含むLedger Liveの操作で、下記のエラーコードが表示される可能性があります。

Something went wrong. Please replug your device.

Ledger device: Invalid parameter received (0x6b00).

日本語訳

問題が起こりました。Ledgerデバイスを接続し直してください。

Ledgerデバイス:無効なパラメータを受信しました(0x6b00)。​

次の方法でこのエラーメッセージを解決してください。

・Ledgerデバイスが最新のファームウェアバージョンであることを確認します。

・最新バージョンを実行させるため、Ledgerデバイスのアプリをアンインストール・再インストールします。
アプリをアンインストールしても、ブロックチェーンで保護されている仮想通貨(暗号資産)には影響しません。


トランザクションが送信されると、検証のためにネットワークに伝達されます。
Ledger Liveアプリでは、そのステータスを追跡し、いつ承認され、いつ残高が更新されるかを確認できます。

ブロックチェーンの検証

  • トランザクションは、トランザクションを含むブロックの量(ブロック確認)によって検証されます。
    一定量のブロックが確認されると、トランザクションは確認済みとみなされます。

  • ブロックチェーンにはそれぞれ独自のブロックタイムがあるため、確認の最小回数は仮想通貨(暗号資産)
    によって異なります。
    既存の設定では、Ledger Liveは最小確認回数を30分に収まるブロック数に設定しています。

  • Settings > Currenciesで必要な確認回数を設定できます。
    Bitcoinのような仮想通貨(暗号資産)の場合、確認回数が多いと、トランザクションは取り消せません。

トランザクションの状態

ポートフォリオのオペレーションリストには、確認回数に基づいたトランザクションの状態が表示されます。

保留中(Pending)

  • 承認されていないトランザクションはペンディング(保留中)になります。

  • より高いネットワーク手数料を含んでいるトランザクションは、長期間の保留はされません。

  • トランザクションに低いネットワーク手数料が含まれていた場合、長期間の保留になります。
    取引が未承認のままの場合、こちらをご確認ください。

承認中(Confirming)

  • トランザクションの最初のブロック承認が行われると、そのステータスは承認中(Confirming)
    に切り替わります。このステータスは、必要な確認回数になるまで表示されます。

  • 操作リストから「transaction」をタップし、「Operations details」を開き、ステータスを追跡します。

  • サードパーティのネットワークエクスプローラで取引を検索する場合は、「View in explorer」をタップします。

承認済み(Confirmed)

  • 必要な確認回数に達すると、トランザクションステータスは確認済(Confirmed)に切り替わります。

  • 承認されたすべての取引が組み合わされ、アカウントとポートフォリオの残高が構成されます。

  • ポートフォリオの仮想通貨(暗号資産)は、受け取った取引が承認された場合にのみ送ることができます。


取引を作成するときに含むネットワーク手数料の額を選択できます。
手数料の額により、取引の処理速度が変わります。

ネットワーク手数料について

  • ブロックチェーンネットワークのセキュリティは、作業量によって異なります。

  • 次のトランザクションのブロックをネットワークに提供する作業は、ブロックを作成するために行われた
    作業量を報告する必要があります。

  • 取引が有効であり、作業量が十分である場合、作業員は行われた仕事に対する報酬として、取引の手数料を
    徴収することができます。

ネットワーク料金の選択

仮想通貨(暗号資産)送信時に支払うネットワーク手数料は、保留中(Pending)のトランザクションにおける優先順位を決定します。
迅速な確認が必要な場合は高い金額を選択してください。
しばらく待つことができるならば、低い金額を選択してください。

Ledger Liveは、都合に合わせて3つのレベルの料金を自動で見積もります。また、上級ユーザー向けにカスタムした手数料の設定が可能です。

高 : トランザクションはほぼ次のブロックに含まれます(Bitcoinの場合約10分)

標準 : トランザクションは約3ブロック以内に含まれます(Bitcoinの場合約30分)

低 : トランザクションは約6ブロック以内に含まれます(Bitcoinの場合は約60分)

イーサリアムネットワーク手数料

イーサリアムとイーサリアムベースの暗号通貨の場合、ネットワーク料金はガス価格とガス制限によって設定されます。
ガスは、Ethereumブロックチェーン上のものを計算するためのコストの単位です。 たとえば、スマートコントラクトが複雑になるほど、計算に必要なものが多くなり、必要な計算能力も高くなります。

次の2つのことを決定します。ガスの単位あたりの支払い金額、ガスの価格、およびトランザクションに費やすガスの量、ガスの上限。
最大取引手数料はガス価格×ガス制限に等しいです。
ガス制限に達すると、それ以上は使いません。


仮想通貨(暗号資産)を送受信する前に、自身で情報に基づいた決定を下せるようにしてください。
Ledgerデバイスを使用して管理している仮想通貨(暗号資産)は、悪意ある者の標的にされる可能性があります。
慎重に取引することで資産のセキュリティを高めてください。

送信方法

● POINT

コンピュータは常に危険にさらされており、スクリーンに表示されているアドレスは信頼できないと
仮定してください。

  • 最初に少額を送ってください。
    大きい額の送信前に、トランザクションが受信アドレスによって正しく受信されたことを確認します。

  • 受取人のアドレスまたはQRコードを入手するときは、様々な通信手段を使用してください。
    例:可能であれば、SMS、Eメール、またはメッセージアプリ等でアドレスを再確認します。

  • 入力後、受信アドレスを確認してください。
    スマートフォンのマルウェアがアドレスを置き換える可能性があります。

  • 取引を送信する前に、スマートフォンとハードウェアウォレットの両方で、受取人のアドレス、
    金額、ネットワーク手数料が正しいことを確認する。

 

受け取り方法

  • ハードウェアウォレットに表示されたアドレスが、あなたのものであることを確認してください。
    コンピュータが危険にさらされている場合、Ledger Liveに表示されているアドレスを操作することができます。

    支払いを受け取る前に、多数の確認を待ってください。ビットコインの場合、6回の確認が推奨されます。

注意 : 未確認のアドレス (Unverified addresses)

Ledger LiveがLedgerデバイスなしで受信アドレスを取得できるとしても、未確認のアドレスではセキュリティレベルが下がってしまいます。
未確認のアドレスを使用するのはご自身の責任で行ってください。