Ledger Nano Xによって生成されたアカウントは、Ledgerと同じ規格(BIP32 / BIP39 / BIP44)をサポートするサードパーティのハードウェアまたはソフトウェアウォレットで復元できます。

始める前に

  • 24ワードのリカバリーフレーズはアカウントへのアクセスを提供することに注意してください。 パソコンやスマートフォンでリカバリーフレーズを入力するのは安全ではない場合があります。できれば避けてください。

  • サードパーティのハードウェアや、ソフトウェアのウォレットは慎重に選んでください。 アカウントを保護することはご自身の責任です。

設定方法

リカバリーフレーズを使用する

⑴BIP39 / BIP44互換のハードウェアウォレットまたはソフトウェアウォレットを用意してください。

⑵24ワードのリカバリーフレーズを入手してください。

⑶リカバリーフレーズ(ニーモニックシードとも呼ばれます)を入力するためにデバイスや、サービスのマニュアルに従ってください。

互換性のあるLedgerデバイス

  • LedgerNanoX
  • LedgerNanoS
  • LedgerBlue
  • LedgerNano
  • LedgerHW.1

・他社製ソフトウェアウォレットのリスト

・ソフトウェアウォレットセキュリティとは

ソフトウェアウォレットは安全ではなく、Ledgerによるセキュリティ監査の対象となっていないため、最後の手段として使用してください。
以下のソフトウェアウォレットによるどんな結果に対する責任も自身で受け入れてください。

  • Mycelium(スマートフォン)
  • Electrum(デスクトップ)
  • Bither(スマートフォン/デスクトップ)
  • Coinomi(スマートフォン)
  • Jaxx Liberty(スマートフォン)
  • MyEtherWallet
  • MyCrypto

秘密鍵を生成する(上級者向け)

上級ユーザーは 、Ian ColemanのBIP39ツールを使用してすべての秘密鍵を手動で生成できます。
このツールはオフラインでの使用に最適です。

秘密鍵を生成する

⑴この記事の最後にあるBIP39ツールをダウンロードするか、GitHubでソースを見てください。

⑵ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてブラウザで開きます。

⑶フィールドBIP39 Mnemonicに、24ワードのリカバリーフレーズを入力してください 。※小文字だけを使用してください。

⑷Ledgerハードウェアウォレットにパスフレーズを設定した場合は、パスフレーズを入力してください。

⑸仮想通貨(暗号通貨)を選択します。

⑹フィールドInternal / External を 0のままにします。

秘密鍵をインポートする

⑴[Derived Addresses]セクションから生成された秘密鍵のリストをコピーします。
リストの下にあるコントロールを使用して、行を表示したり、特定のインデックスから開始したりできます。

⑵MyEtherWalletやArmouryなど、これをサポートするサードパーティのウォレットに秘密鍵をインポートします。

⑶変更したアドレスの秘密鍵を生成するには、フィールドInternal / Externalを1 に設定してください。

⑷自分の変更したアドレスに関連付けられている秘密鍵をサードパーティのウォレットにインポートします。


Ledger Nano Xには100 mAhのリチウムイオン電池があります。

この電池は使用中で数時間、フル充電でアイドル(停止)状態のときには数ヶ月間持続します。

この記事に従って、Ledger Nano Xのバッテリー寿命を最大限に延ばすことをお勧めします。

バッテリーを充電する

使用中の数時間の最大バッテリー寿命を得るために、100%までバッテリーを充電してください。

USB-CポートをUSB電源に接続するだけで充電できます。

右上隅にあるバッテリステータスアイコンに充電記号が表示されます。

再度充電するまで、バッテリーを完全に放電する必要はありません。

いつでもデバイスを充電することによって、使用中の電池寿命は最もよく保たれます。
バッテリーの充電レベルを確認するには、両方のボタンを押しながら”Control Center”にアクセスします。

バッテリー寿命を最大化する

Ledger Nano Xを長期間保管する場合、数ヶ月に1回完全に充電することでバッテリーの寿命を最大限に延ばすことができます。

完全に充電されたら、装置の電源を切り、湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

バッテリー容量に悪影響を及ぼさないよう、非常に低い充電状態で長期間保管しないでください。

寿命の終わり

バッテリーは5年間持続するように設計されています。Ledgerには、バッテリー交換プログラムはありません。

電池の容量が使用できないほどに低下した場合、USBケーブルを電源に接続することによってデバイスを使用することができます。


仮想通貨(暗号資産)のセキュリティを強化するためのパスフレーズを設定します。このオプションは上級者向けです。

ポイント

リカバリーフレーズとパスフレーズ機能により、様々なセキュリティ設定が可能になります。

自身の状況に合ったセキュリティを設計し、複雑にし過ぎないようにしてください。

パスフレーズの仕組み

Ledgerハードウェアウォレットの初期設定で保存された24単語のリカバリーフレーズは、アカウントへのアクセスを提供する秘密鍵を完全にバックアップします。安全な場所に保管する必要があります。

パスフレーズは、24単語のリカバリーフレーズに追加されたパスワードで、まったく新しい一連のアカウントへのアクセスを提供します。

24単語のリカバリーフレーズが危険にさらされた場合、パスフレーズは仮想通貨(暗号資産)を保護します。パスフレーズで保護されたアカウントにアクセスするには、リカバリーパスフレーズと秘密のパスフレーズ両方が必要となります。

異なるそれぞれのパスフレーズは、固有のアカウントのロックを解除します。パスフレーズはいくつでも使用できます。

始める前に

  • デバイスはセットアップされており、最新のファームウェアを実行していること。

  • 万が一のために、リカバリーフレーズがアクセス可能であることを確認してください。

  • 始める前にこの記事をよく読んでください。

設定方法

はじめに

⑴Ledger Nano Xを接続し、PINコードを入力してください。

⑵両方のボタンを押し続けてControl Centerにアクセスします。

⑶[Settings]メニューに移動します。

⑷「Security」に進んでください。

⑸「Passphrase」に行き、どちらかを選択して下さい

Attach to a PIN:パスフレーズで保護されたアカウントのロックを解除するための2番目のPINコードを作成します。

Set temporary:パスフレーズで保護されたアカウントにアクセスするたびにパスフレーズを入力します

⑹選択したオプションに一致する以下の項目に進みます

オプション1 – Attach to a PIN (2番目のPINコードの設定)

使用方法

新しいPINコードにパスフレーズを追加すると、選択した秘密のパスフレーズに基づいてLedger Nano Sで新しいアカウントが作成されます。
予備のPINコードを入力すると、このパスフレーズで保護されているアカウントにアクセスできます。

・パスフレーズは、別のパスフレーズでの上書き、またはデバイスがリセットされるまでデバイスに保存されます。

・秘密のパスフレーズの物理的なバックアップは安全な場所に保管してください。
デバイスは表示できません。

設定方法

⑴デバイスセキュリティ設定の[Passphrase]メニューから[Attach to PIN]オプションを選択します。

⑵両方のボタンを押して、[Set secret passphrase]を有効にします。

⑶予備のPINコードを作成します。

⑷確認のために予備のPINコードを再入力します。

⑸秘密のパスフレーズを選択して確認します(最大100文字)。

⑹確認のために1つ目のPINコードを入力してください。

⑺お使いのデバイスはパスフレーズなしでリカバリーフレーズに基づいてアカウントを管理し続けます。パスフレーズで保護されたアカウントにアクセスするには、デバイスの電源を切り、予備のPINコードを入力してください。

・オプション2 – Set temporary (一時的なパスフレーズの設定)

使用方法

一時的なパスフレーズを使用すると、セッション期間中、LedgerNano Xの新しいアカウントセットにアクセスできます。
パスフレーズで保護されているアカウントにアクセスするたびに、以下の手順を行ってください。

・アカウントはあなたが選んだ秘密のパスフレーズに紐づいています。

・秘密のパスフレーズの物理的なバックアップは安全な場所に保管してください。
設定後には表示できません。

設定方法

⑴デバイスセキュリティ設定の[Passphrase]メニューから[Set temporary]のオプションを選択します。

⑵両方のボタンを押して、[Set secret passphrase]を有効にします。

⑶秘密のパスフレーズを選択して確認します(最大100文字)。

⑷確認のために1つ目のPINコードを入力してください。

⑸お使いのデバイスは、このパスフレーズで保護されているアカウントを管理します。
プライマリアカウントにアクセスするには、デバイスを再起動して通常どおりPINコードを入力してください。

パスフレーズを設定したアカウントを復元する

Ledger Nano Xを紛失またはリセットした場合は、24ワードのリカバリーフレーズと秘密のパスフレーズの両方があれば、どのLedgerデバイスでも仮想通貨(暗号資産)へのアクセスを復元できます。

設定方法

⑴リカバリーフレーズとパスフレーズを取り出します。

⑵リカバリーフレーズからLedgerデバイスを復元します。

⑶上記の手順に従って、どちらかを選択して下さい。

Set temporary:そのパスフレーズで保護されているアカウントにアクセスするには、以前に設定したパスフレーズを入力してください。

Attach to a PIN:任意のPINコードを選択できますが、そのパスフレーズで保護されているアカウントにアクセスするには、以前に設定したパスフレーズを入力する必要があります。

パスフレーズセキュリティについて

Ledger Liveにアカウントを追加する

アカウントを追加すると、拡張公開鍵(xpub)はLedger Liveのユーザーデータフォルダ(パスワードロックを設定した場合、パスワードで暗号化されるところ)に保存されます。

Ledger Liveにパスフレーズで保護されたアカウントに関する情報が攻撃されないようにするには、アカウントを削除するだけで済みます。

脅威から守るコツ

物理的な脅威がある場合に自身を保護するために、最初のPINコードで一部の仮想通貨(暗号資産)だけを保管していることを確認してください。
次に、PINコードに追加されたパスフレーズを設定し、パスフレーズで保護されたアカウントにより多くの仮想通貨(暗号資産)を保存します。

Ledger NanoSのロックを解除することを強要されている場合は、パスフレーズで保護されたアカウントをアンロックするPINコードを隠しながら、攻撃者にメインのPINコードを引き渡すことができます。

リカバリーフレーズの保護

リカバリシートの複数のコピーを保存し、異なる場所に保存することを、セキュリティ上お勧めします。
リカバリーフレーズのコピーの1つが侵害された場合、仮想通貨(暗号資産)を失うリスクを軽減するために、パスフレーズを設定できます。
その場合はパスフレーズの紙のバックアップを、できればリカバリーフレーズのバックアップを保存している場所とは異なる場所に保管してください。


Ledger Nano XデバイスのPINコードは、仮想通貨(暗号資産)への不正アクセスを防止します。

PINコードは、最初にデバイスを設定したときに選択しますが、いつでも変更できます。

始めに

デバイスはセットアップされており、最新のファームウェアを実行していることを確認してください。

PINコードとリカバリーフレーズのセキュリティに関する記事を確認してください 。

手順

⑴Ledger Nano Xの電源を入れてロックを解除します。

⑵両方のボタンを押し続けて”Control Center”にアクセスします。

⑶Settings > Security > Change PINを選択します

⑷4〜8桁の新しいPINコードを選択してください。

⑸新しいPINコードをもう一度入力して確認します。

⑹確認のために古いPINコードを入力してください。

⑺PINコードが正しく変更されました。

ポイント

ご自身のPINコードを選択してください。

8桁のPINコードは最適なレベルのセキュリティを提供します。

推測しにくいPINコードを選択してください。


スマートフォンでLedger Nano XデバイスとBluetooth接続を設定して、外出先でLedger Liveで仮想通貨資産を管理できます。

または、Bluetoothを無効にしてUSB経由でのみ接続することもできます。

Bluetoothデスクトップの互換性

現時点では、Ledger Nano Xとデスクトップをペアリングすることはできません。

Bluetoothペアリング

スマートフォンで初めてセットアップするときは、Ledger Nano Xをペアリングします。

⑴スマートフォンとLedger Nano XでBluetoothが有効になっていることを確認します。LedgerLiveモバイルでペアリングを開始します。

⑵Ledger Liveモバイルで利用可能になったら、Ledger Nano Xをタップします。ペアリングコードが両方のデバイスに表示されるまでに少し時間がかかることがあります。

⑶コードが同じ場合は、スマートフォンでペアリングを確認してください。

⑷ペアリングを確認するには、Ledger Nano Xの両方のボタンを押します。

⑸両方のボタンを押して”Allow Ledger Manager”に行きます。Ledger Nano Xの信頼性がLedgerサーバーによって確認された後、ペアリングは完了です。

Bluetooth接続を無効にする

Ledger Nano Xを設定すると、デフォルトでBluetoothが有効になります。オフにする方法は次の通りです。

⑴Ledger Nano Xの電源を入れてロックを解除します。

⑵両方のボタンを押し続けて”Control Center”にアクセスします。

⑶左右のボタンを使用してBluetoothのアイコンに移動します。

⑷両方のボタンを押してBluetoothを無効にします。Bluetoothのステータスが無効になっています。

⑸次回の起動時にその設定が反映されます。

BluetoothなしでLedger Nano Xを使用するにはUSBケーブルを接続します

デスクトップ: Ledger Nano Xに付属のUSB-Cケーブルを使ってデスクトップコンピュータに接続します。

Ledger Liveデスクトップまたは他の互換性のある(Web)アプリで仮想通貨を管理します。

モバイル:OTGケーブルを使用してLedger Nano Xをお使いのAndroidスマートフォンに接続します(iOS版はサポートされていません)。

Ledger Liveモバイルまたは他の互換性のある(Web)アプリで仮想通貨を管理します。


一定時間Ledger Nano Xを操作しない場合、オートロックまたはオートパワーオフ機能を設定することで、デバイスを自動的にロックまたはシャットダウンすることができます。

再びデバイスを操作するには、PINコードで解除する必要があります。

*Ledger Nano Xを使用していないときは、他の人がデバイスを使用できないように必ずロックしてください。

手順

【オートロック(自動ロック)機能の設定方法】

⑴Ledger Nano Xをオンにしてロックを解除します。

⑵両方のボタンを押し続けて”Control Center”にアクセスします。

⑶”Setting”に移動して両方のボタンを押します。

⑷”Security”を選択し、両方のボタンを押します。

⑸両方のボタンを押して”Auto Lock”メニューに入ります。

⑹ご希望のメニューを選択してください。

オートロックなし

1分

2分

5分

10分

⑺両方のボタンを押して、希望のオートロックオプションを有効にします。

オートロックを有効にすると、自動ロックされたときにデバイスにLedger ロゴが点滅表示されます。

ロックを解除するには、任意のボタンとPINコードを入力してください。

【オートパワーオフ(自動電源オフ)機能の設定方法】

⑴Ledger Nano Xをオンにしてロックを解除します。

⑵両方のボタンを押し続けて”Control Center”にアクセスします。

⑶”Setting”に移動して両方のボタンを押します。

⑷”General”を選択し、両方のボタンを押します。

⑸両方のボタンを押して”Auto power off”メニューに入ります。

⑹ご希望のメニューを選択してください。

オートパワーオフなし

1分

3分

5分

10分

⑺両方のボタンを押して、希望のオートパワーオフオプションを有効にします。

オートパワーオフを有効にした場合、デバイスは設定した時間が経過すると自動的に電源オフになります。


Ledger Nano Xデバイスでファームウェアのバージョンを確認することができます。

ファームウェアは、お使いのデバイスで実行されているソフトウェアです。

新しいファームウェアバージョンでは、新しい機能、セキュリティのアップグレード、新しいアプリケーションのサポートを追加できます。

手順

【使用中のデバイスの場合】

電源を入れます。

PINコードを入力してデバイスのロックを解除してください。

両方のボタンを3秒間押し続けて、”Control Center”を開きます。

Settings > General > Firmware versionを選択。

ファームウェアのバージョンが”Secure Element”の下に表示されます。

マイクロコントローラのバージョンは”MCU”の下に表示されます。

【未使用の新しいデバイスの場合】

ブートローダモード(Bootloader )が表示されるまで、USBポートの横にある左ボタンを押し続けます。

”Firmware version”に移動します。

ファームウェアのバージョンが”Secure Element”の下に表示されます。

マイクロコントローラのバージョンは”MCU”の下に表示されます。