この記事では、ハードウェアウォレットに大量の小さなトランザクションを送信するのが厄介な理由、解決策の候補、およびLedgerデバイスによって管理されたアドレスにマイニング収益を正しく送信する方法についての説明を提供します。

小さな取引を大量に受け取るのには適していません

ハードウェアウォレットで管理されているアドレスで、小額の支払いまたはダスト支払いを大量に受け取ると、次のことが起こります。

ブロックチェーントランザクションの同期の飽和、そして非常に長い期間のトランザクションの構築または検証。
したがって、ハードウェアウォレットは、マイニング活動の収益など、大量の小規模トランザクションを直接受け取るのには適していません。

0.001BTCの1,000回の支払いを受け、1BTCの合計を使いたいと思うと想像してください。ハードウェアウォレットのセキュアチップは、1,000回入力したトランザクションを作成し、各入力に署名する必要があります。

チップが過熱したり、計算エラーを起こしたりすることがあるため、数時間かかることも、全く成功しないこともあります。

小額の支払いがたくさんあった場合

ハードウェアウォレットにたくさんの小額の支払いを送った場合:

より大きな支払いをいくつか送ることによってコインを統合するようにしてください。たとえば、0.001 BTCを1,000回受け取った場合は、0.1 BTCを自分自身に送信してこれらを統合し、それを10回繰り返します。

または、24単語のリカバリフレーズをソフトウェアウォレット(できればオフラインのウォレット)にインポートし、新しく生成されたシードから派生したアドレスにウォレットを移します。

問題を防ぐためのバッチトランザクション

少額の支払いを受け取るソフトウェアウォレットを設定します。

定期的にこれらの収益をより大きなトランザクションにまとめてハードウェアウォレットに送ります。


Ledger Nano Xで管理されているアドレスからLedger Liveアプリケーションを使用し、受信アドレスに仮想通貨(暗号資産)を送信できます。

Point
常に最初は少量を送ってください。大量に送信する前に、トランザクションが受信アドレスによって正しく受信されたことを確認します。トランザクションが完了したかどうか不明な場合は、数分後にもう一度確認してください。

Ledger Nano Xを使用していないときは、他の人がデバイスを使用できないように必ずロックしてください。

始める前に

Ledger Liveから正しいアプリがLedger Nano Xにインストールされていることを確認してください。

例:Bitcoinを送信する場合、Bitcoinアプリをインストールしてください。

トランザクション(取引詳細)を入力する

⑴アプリの下部にある[ Transact ]タブをタップします。

⑵[ Send ]をタップします。

⑶送金する[ Account ]を選択します。

⑷[Scan QR Code]をタップするか、受信アドレスを手動で入力します。

最適なセキュリティを確保するために、必ずアドレスを再確認してください。

⑸送信する仮想通貨(暗号資産)の”Amount”、またはその”*カウンターバリュー”を入力してください。

⑹[continue]をタップします。

確認と署名

⑴取引の詳細を確認してください。[continue]をタップして続行します。

概要画面で[edit]をタップして”network fees”を変更します。

手数料が高いほど、トランザクションの処理が速くなります。もっと詳しく知る…

⑵電源がオンでロックが解除されていることを確認し、送信するLedger Nano Xを選択してください。

⑶指示に従って仮想通貨(暗号資産)アプリケーションを開きます。

⑷[continue]をタップします。⑸慎重にデバイス上の全ての取引の詳細を確認してください。

⑹全て正しい場合は、両方のボタンを押して取引を検証します。その後トランザクションは署名され、ネットワークに送信されます。

⑺トランザクションを追跡して確認されたかどうかを確認するには、[View operation details]をクリックします。

※1:対価(カウンターバリュー)

入力した対価は、[Settings(設定)]で選択した為替レートプロバイダーを使用して、Bitcoinの中間取引所を介して仮想通貨(暗号資産)の金額に変換されます。
デフォルトでは、最大24時間ボリューム(取引量)のレートプロバイダが選択されています。


Ledger Liveで受信アドレスを生成することで、Ledger Nano Xで管理しているアカウントで仮想通貨(暗号資産)を受け取ることができます。

最適なセキュリティを確保するには、取引の送信者と共有する前に、生成されたアドレスを確認してください。

Point
最初に少額を送ってください。
大きい額の送信前に、トランザクションが受信アドレスによって正しく受信されたことを確認します。

Ledger Nano Xを使用していないときは、他の人がデバイスを使用できないように必ずロックしてください。

始める前に

Ledger Liveから正しいアプリがLedger Nano Xにインストールされていることを確認してください。
例:Bitcoinを受信する場合、Bitcoinアプリをインストールしてください。

手順

⑴アプリの下部にある[ Transact ]タブをタップします。

⑵[ Recieve ]をタップします。

⑶入金するアカウントを選択してください。

⑷入金するアカウントを管理するLedger Nano Xを選択します。

デバイスの電源が入っていてロックが解除されていることを確認してください。

指示に従って仮想通貨(暗号資産)アプリケーションを開きます。

⑸画面に表示される指示を読み、[verify] をタップして、Ledger Nano Xに受信アドレスを表示します。

⑹表示されたアドレスがLedger Liveに表示されているアドレスと同じであることを確認します。

アドレスが一致する場合:右ボタンを押して[Approve]を選択し、次に両方のボタンを押してLedger Nano Xに表示されているアドレスを確認します。

⑺[copy]または[share]をクリックして、アドレスをトランザクションの送信者と共有します。コピーして貼り付けた後、または[Re-verify]ボタンをタップしてデバイスに再度表示された後で、アドレスが変更されていないことを慎重に確認してください。

デバイスで[Reject]を選択し、仮想通貨(暗号資産)を送信しないでください。

デバイスを持っていない場合

アカウント選択画面で、”Don’t have your device”をクリックし、受信アドレスを生成します。

Ledger Liveの受信アドレスがLedger Nano Xで検証されないため、生成された受信アドレスは最適なセキュリティレベルの恩恵を受けません。

受信アドレスが変わる理由

選択したアカウントのアドレスは取引の度に生成され、送信者と共有できます。

Bitcoinをベースにしたブロックチェーンはパブリックネットワークです。最適なプライバシーのために、これらの仮想通貨(暗号資産)のアドレスは通常、取引後に再利用されるべきではありません。

Ledger Liveは、Bitcoinに基づいて仮想通貨(暗号資産)の新しいアドレスを生成します。

Bitcoinに基づく仮想通貨(暗号資産)の場合、以前のアドレスは有効なままですが、最適なセキュリティレベルは適用されません。