Ledger 製品には、あらゆる攻撃から仮想通貨(暗号資産)を保護するために、ハードウェアとソフトウェアのセキュリティ機能が組み合わされています。Ledger Nano Xが提供する最適なセキュリティレベルを活用するために、以下のガイドラインに従ってください。

PINコードを保護する

  • 必ず自分でPINコードを選択してください。

  • 周囲に見られない場所でPINコードを入力してください。

  • 必要に応じてPINコードを変更してください。もっと詳しく知る

  • 3回連続して間違ったPINコードを入力するとデバイスがリセットされるのでご注意ください。

・0000、123456、55555555などの簡単なPINコードは絶対に使用しないでください。

・自分のPINコードを他人と決して共有しないでください。

・自分の選択ではないPINコードを決して使用しないでください。

・PINコードをコンピュータやスマートフォンなどで絶対に保存しないでください。

24単語のリカバリーフレーズを保護する

24単語のリカバリーフレーズは、仮想通貨(暗号資産)へのアクセスを提供する秘密鍵の唯一のバックアップです。

  • 常に24単語のリカバリーフレーズがデバイスの画面から取得されていることを確認してください。

  • 各リカバリーフレーズの単語のスペルとリカバリーシートの位置を必ず再確認してください。

  • 誤って紛失したり破壊したりしないように、リカバリーシートは物理的に安全な場所に保管してください。

  • 必ずリカバリーフレーズのコピーを安全で見えないところに保管してください。

24単語のリカバリーフレーズを、どのような形であれ誰とも決して共有しないでください。

24単語のリカバリーフレーズをコンピュータやスマートフォンに入力しないでください。

24単語のリカバリーフレーズを写真に撮らないでください。

もっと詳しく知る

パスフレーズを使用してアカウントのセキュリティを最大化します(上級ユーザー向け)。


Ledger Nano Xデバイスのコントロールセンターにアクセスして、デバイスをロックまたはオフにしたり、バッテリーやBluetoothを管理したり、デバイスの設定にアクセスしたりします。

コントロールセンターにアクセスする

⑴コントロールセンターを開くには、両方のボタンを3秒間押し続けます。電池の状態が最初に表示されます。

⑵左または右ボタンを押してコントロールセンターに移動します。

⑶両方のオプションを押して選択を確定します。

バッテリー:現在の充電レベル。

デバイスをロック:両方のボタンを押してスクリーンセーバーを表示します。ロック解除するためにPINコードを要求されます。

Bluetooth:Bluetoothが有効になっているときにデバイス名を表示します。両方のボタンを押して、Bluetooth接続を無効または有効にします。

設定:両方のボタンを押して設定に入ります。

電源を切る:両方のボタンを押して電源を切ります。

閉じる:前の作業に戻ります。


LedgerNanoXデバイスをリカバリーフレーズから復元することで、デバイスを復元したり交換できます。LedgerNanoXはリカバリーフレーズによって、バックアップされた秘密鍵を復元します。

必要なもの

復元のためのリカバリーフレーズを取得してください。

iOS 9またはAndroid 7のスマートフォン、又はインターネットに接続されたコンピューター(Windows 8 (64ビット)以上、macOS 10.8以上、またはLinux)。

ダウンロード・インストール済みのLedger Liveアプリケーション。

説明
Ledgerライブは、簡単で分かりやすいセットアップ手順を備えています。アプリを起動するだけです。

ステップ 1. リカバリーフレーズから復元する

⑴Ledgerロゴが表示されるまでUSBポートの横にあるボタンを押してデバイスをオンにしてください。
注意:ボタンを押し続けると、ブートローダ(Bootloader)メニューにアクセスします。デバイスの電源を切って再起動する必要があります。

⑵画面上の指示を読んでください。進むには右ボタンを、戻るには左ボタンを押してください。

⑶"Restore from recovery
phrase"が表示されたら、両方のボタンを同時に押してください。

ステップ 2. あなたのPINコードを選択してください

⑴デバイスに[ Choose PIN code]が表示されたら、両方のボタンを押してください。

⑵左または右ボタンを押して数字を選択してください。両方のボタンを押して数字を決定にします。

を選択して4〜8桁の暗証番号を確認します。数字を消去するには️を選択します

⑷確認のため、もう一度PINコードを入力してください。

・セキュリティのヒント
ご自身のPINコードを選択してください。デバイスのロックを解除します。
最適なセキュリティのために8桁を使用することをお勧めします。
PINコードやリカバリーフレーズが最初から提供されたデバイスは絶対に使用しないでください。

ご不明な点は、Ledgerカスタマーサポートに連絡してください。

ステップ 3. リカバリーフレーズを入力する

⑴リカバリーフレーズの長さを選択してください(12、18または24ワード)。両方のボタンを押し決定してください。

⑵ワード#1の最初の文字を右または左ボタンで選択して入力します。両方のボタンを押して各文字を確認してください。

⑶提示されたワードからワード#1を選択してください。両方のボタンを押して確定してください。

⑷リカバリーフレーズの最後の単語までこのプロセスを繰り返してください。

⑸セットアッププロセスが正常に完了すると、"Your device is ready"が表示されます。両方のボタンを押してAccess Dashboardにアクセスします。 その後、ダッシュボードに入れます。

・セキュリティのヒント
リカバリーフレーズにアクセスされると資産が危険です。しっかりと保管してください。
Ledgerは、24単語のバックアップを保存しません。ご自身の責任で所有してください。
リカバリーフレーズやPINコードがあらかじめ付属しているデバイスは絶対に使用しないでください。

不明な点は、Ledgerカスタマーサポートに連絡してください。

リカバリーフレーズの安全性

正しいリカバリーフレーズの長さが選択されていることを確認してください。
リカバリーフレーズの全ての単語を必ず入力してください。
デバイスに入力された単語の順序がリカバリシートの順序と一致することを確認してください。 より安全性を確認したい場合、リカバリーフレーズの全ての単語がBIP39ワードリストに載っていることを確認してください。

セキュリティのヒント
Ledger Nano Xを使用していないときは、他の人がデバイスを使用できないように必ずロックしてください。

次のステップ
これで、デバイス上のリカバリーフレーズにリンクされている秘密鍵を復元できました。

リカバリーフレーズとPINコードを保護する方法については、こちらのヒントを確認してください。

・デバイスにアプリをインストールし、Ledger Liveにアカウントを追加します。
・仮想通貨(暗号資産)を送受信します。


Ledger Nano Xを新しいデバイスとして設定してください。仮想通貨(暗号資産)を管理できるように、新しい秘密鍵が生成されます。また、新しい24単語のリカバリーフレーズを書き留めます。

Ledger Nano Xを使用していないときは、他の人がデバイスを使用できないように必ずロックしてください。

必要なもの

Ledger Nano X

iOS 9またはAndroid 7のスマートフォン、もしくはインターネットに接続されたパソコン(Windows 8 (64ビット)以上、macOS 10.8以上、またはLinux)。

Ledger Liveアプリケーションをダウンロードしてインストールする。

手順

Ledgerライブは、簡単で分かりやすいセットアップ手順を備えています。まず、アプリを起動してください。

ステップ 1. 新しいデバイスとして設定する

⑴Ledgerロゴが表示されるまでUSBポートの横にあるボタンを押してデバイスの電源をオンにしてください。
注意:ボタンを押し続けると、ブートローダ(Bootloader)メニューにアクセスします。デバイスの電源を切って再起動する必要があります。

⑵画面上の指示を読んでください。進むには右ボタンを、戻るには左ボタンを押してください。

⑶"Set up as new device"が表示されたら、両方のボタンを同時に押してください。

ステップ 2. PINコードを選択してください

⑴デバイスに[ Choose PIN code]が表示されたら、両方のボタンを押してください。

⑵左または右ボタンを押して数字を選択してください。両方のボタンを押して数字を有効にします。

を選択して4〜8桁の暗証番号を確認します。️を選択して数字を消去します。

⑷確認のため、もう一度PINコードを入力してください。 ・セキュリティの注意 ご自身のPINコードを選択してください。このコードはデバイスのロックを解除します。
最適なセキュリティのために8桁で設定されることをお勧めします。

PINコードやリカバリーフレーズが最初から提供されているデバイスは絶対に使用しないでください。
不明な点は、Ledgerカスタマーサポートに連絡してください。

ステップ 3. リカバリーフレーズを保存する

これで、24桁のリカバリーフレーズがLedger Nano Xの画面に一単語ずつ表示されます。リカバリーフレーズは一度だけ表示されますので注意してください。

⑴箱に同梱されている空白のリカバリーシートを取り出してください。

⑵"write down your recovery phrase"というメッセージが表示されたら、 両方のボタンを押してください。

⑶ワード#1をリカバリーシートに書き留めてください。正しくリカバリーシートの1番目に書き写したことを確認してください。右ボタンを押して次のワードに移動してください。

⑷ワード#24がリカバリーシートの24番目に書き込まれるまで、このプロセスを繰り返します。最後の画面で両方のボタンを押します。

⑸"Confirm your recovery phrase"が表示されたら、両方のボタンを押してください。

⑹リカバリーシートの1番目に記入した最初の単語を左または右ボタンで選択し、両方のボタンを押して確定してください。これを繰り返して、24単語のリカバリーフレーズ全体を確認します。

⑺セットアッププロセスが正常に完了すると、"Your device is ready"が表示されます。両方のボタンを押して「Access Dashboard」にアクセスします。 その後、ダッシュボードに入れます。

・セキュリティのヒント
リカバリーフレーズにアクセスされると資産が危険です。しっかりと保管してください。

Ledgerは、24単語のバックアップを保存しません。ご自身の責任で所有してください。

リカバリーフレーズやPINコードがあらかじめ付属しているデバイスは絶対に使用しないでください。

不明な点は、Ledgerカスタマーサポートに連絡してください。

Ledger Nano Xを使用していないときは、他の人がデバイスを使用できないように必ずロックしてください。


Ledger製品は、ハードウェアとソフトウェアのセキュリティを組み合わせて構築されており、さまざまな攻撃から秘密鍵を保護することを目的としています。このガイドを使用して、LedgerNano Xが本物であり、不正や偽造ではないことを確認してください。

いくつかの簡単な方法で、お使いのデバイスが本物のLedger製品であることを確認できます。

・Ledger製品の製造場所

・Ledgerデバイスの箱の中身

・リカバリシートの状態

・Ledgerデバイスの初期状態

Ledgerの正規販売店から購入する

本物のLedger製品を受け取るために、日本の正規販売代理店からデバイスを購入してください。当社はLedger社と代理店契約をしており、Ledger社公式ホームページに正規代理店として弊社が記載されています。

https://hardwarewallet-japan.com/ledger-agency/

※海外のLedger社など他のベンダーから購入したLedgerデバイスが必ずしも疑わしい物とは限りません。
ただし、Ledgerが本物であることを確認するために、以下のチェックを実行することを強くお勧めします。

箱の中身を確認

Ledgerハードウェアウォレットのパッケージに含まれるもの:

Ledger Nano X
USB Type-Cケーブル

リーフレット×1
スタートアップガイド×1
リカバリーシート ×3
チェーンストラップ ×1
Ledgerステッカー×1

包装:Ledgerブランドの化粧箱とクッション材

Ledger Nano Xボックス内容

リカバリシートが空白であることを確認する

LedgerNano Xを設定すると、リカバリシートに書き留めるための新しい24単語のリカバリフレーズが生成されます。他の誰かにリカバリーフレーズを知られてしまうと、全ての暗号資産を失う可能性があります。以下のガイドラインに従って資産のセキュリティを確保してください。

リカバリシートが空白になっていることを確認してください。

万一リカバリシートに既に単語が記載されている場合:
このデバイスを使用するのは安全ではありません。Ledgerカスタマーサポートにご連絡ください。

Ledgerは、いかなる場合でも24単語のリカバリーフレーズを提供することはありません。LedgerNano Xの画面からご自身が取得したリカバリーフレーズのみを使用します。

空白のリカバリーシート

初期設定を確認してください

Ledger Nano Xの初回起動時は、まずLedgerロゴが表示されたらボタンを放すと、”Welcome to Ledger Nano X – Press right to continue”が表示されます。右のボタンを押して続行します。

Ledgerは、いかなる場合でもPINコードを提供することはありません。

必ず自分でPINコードを選択してください。

PINコードがパッケージまたは説明書などに含まれている場合、または初めて使う際にデバイスにPINコードが必要な場合:
このデバイスは安全に使えません。

Ledgerカスタマーサポートにご連絡ください。

LedgerNanoX: Welcome

Ledgerアプリケーションで正規品であるか確認する

正規品であるか検証するためにLedger Liveを使ってLedgerデバイスを設定します。

本物のLedgerデバイスは、製造時に設定された秘密鍵を保持しています

本物のLedgerデバイスのみが、Ledger Liveと接続・設定可能です。

まとめ

  • リカバリシートが空白になっていることを確認してください。

  • ご自身でLedgerNanoXを設定してください。デバイスを最初に起動したときは、”Welcome”画面が表示されます。

  • ご自身でPINコードを選択してください。

  • 不明点がある場合は、Ledgerカスタマーサポートに連絡してください。

その他

不正開封防止シール

Ledgerはパッケージに不正開封防止シールを使用していません。このようなシールは偽造するのが簡単なため、誤解を招く可能性があります。本物のLedgerデバイスには、物理​​的な不正使用を防ぐ安全なチップが含まれており、より強力なセキュリティを提供します。

ハードウェアの整合性チェック

Ledgerデバイスの内部でハードウェアの整合性を確認できますが、通常Ledgerデバイスの中身を開く必要はありません。ご自身の責任で行ってください。Ledgerは、装置内部を開けたことによって生じたいかなる損害についても責任を負いません。


Ledger Nano Xの導入により、Ledgerハードウェアウォレットの選択範囲が広がりました。Ledgerデバイスそれぞれの特徴をご確認ください。

Ledger Nano X

セキュリティ:デバイスは認定セキュアチップ(CC EAL5 +)を使用しています。

バックアップ:アカウントはあらゆるLedgerデバイスや他の互換性のあるウォレットに復元することができます。

モビリティ:Ledger Nano Xは、Bluetooth対応です。どこでも取引を安全に管理できます。

容量:Ledger Nano Xは、Ledger Nano Sの5倍の保存容量があります。

多くの通貨:Ledger Nano Xは、1100以上の通貨をサポートしています。

シンプル:Ledger Liveモバイルアプリを使えば、どこにいても簡単に取引できます。

Ledger Nano Sを元に製造

Ledger Nano Sは、安全な暗号通貨セキュリティをもつ、非常に優れた製品です。
初めて仮想通貨(暗号資産)を保管したい、Ledger Nano Xほどの容量や機能は必要ない、バックアップ用などLedger Nano Xと併用したい、といった場合にお勧めです。

異なるデバイス、異なる用途

Ledger Nano XとLedger Nano Sには、それぞれ異なる用途があり、独自の利点があります。

Ledger Nano X 

どこにでも持ち歩くことができるモバイル機器として想定されています。スマートフォンのLedger Liveアプリにワイヤレスで接続するので、どこにいても安全な取引を行うことができます。

Ledger Nano S 

職場や家庭で使用できるデバイスです。また、LedgerNano Xのバックアップ装置としても活用できます。お使いのモバイル機器に何かが起こったら、バックアップ装置として使用することで、安全に仮想通貨(暗号資産)へアクセスできるようになります。

Ledger Nano Xの利点

モビリティ

Ledger Nano Xは安全にBluetooth経由でスマートフォンに接続します。スマートフォンのLedger Liveアプリを使用すると、アプリのインストール、アカウントの追加、安全に送受金ができます。
バッテリーを内蔵しており、最大8時間の連続使用や、1回の充電で3ヶ月間アイドル状態(待機状態)を保つことができます。

より多くの容量

Ledger Nano XはLedger Nano Sの5倍以上の保存容量を持っています。これにより、より多くのアプリケーションを同時にインストールすることができます。

大きな画面

ハードウェアウォレットの画面は、すべての取引詳細を表示するため、実際の取引の前に容易に確認することができます。
Ledger Nano Xは、トランザクションの詳細の視認性と読みやすさを向上させ、デバイス全体の使用を容易にするために大型ディスプレイを使用して設計されています。

強化されたハードウェア構造

Ledger Nano Xの構造は、ST33セキュアエレメントチップを活用し、Ledger Nano Sから進化させたものです。より多くのメモリを持つことに加え、安全なチップがディスプレイとボタンに直接接続され、優れた構造になっています。

コントロールセンター

Ledger Nano Xには、デバイスをロックしたり、バッテリーの状態を確認したり、設定にアクセスしたりするために、いつでも利用できるコントロールセンターがあります。両方のボタンを長押しすると、コントロールセンターにアクセスできます。


秘密鍵の管理

仮想通貨(暗号資産)を所有することは、秘密鍵を管理することです。

資産を最初に受け取るためには、秘密鍵から作成された公開アドレスへのトランザクションを要求します。
仮想通貨(暗号資産)を使うには、自身の秘密鍵を使ってトランザクションにデジタル署名します。

Ledger製品は、秘密鍵を盗難から安全に保ち、必要なときに暗号資産を送ることができる信頼性のあるサービスです。
ご自身で秘密鍵を管理していない限り、本当に暗号通貨を所有したことにはなりません。

秘密鍵をより安全に管理します。

Ledgerハードウェアウォレットは、簡単で安全に秘密鍵を管理できます。デバイスを設定すると、Ledgerの安全なセキュリティ機能によって一つの秘密鍵が作成されます。
秘密鍵と公開アドレスは全て秘密鍵から生成されるため、1つのデバイスで多数のアカウントと暗号資産を管理できます。

デバイス上の取引を検証して署名することによって取引します。出金の際は、暗号資産をハードウェアウォレットによって提供された公開アドレスに送るように要求します。

唯一のバックアップであるリカバリーフレーズを保存します

Ledgerハードウェアウォレットをセットアップするとき、24単語のリカバリーフレーズが提供されるので、慎重に書き留めておきましょう。
これが秘密鍵の唯一のバックアップです。ハードウェアウォレットにアクセスできない場合は、秘密鍵を復元できます。

安全に保管するために、24単語のリカバリーフレーズを正確に正しい順序で書き留めてください。コンピュータや電話には保存しないでください。
リカバリーフレーズを取得されたら誰でも暗号資産を盗み取ることができます。Ledger本体は秘密鍵を保存することも、それを要求することもありません。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)を所有するためには、ご自身の秘密鍵を管理する必要があります。

Ledgerハードウェアウォレットを使用すると、秘密鍵の管理が簡単かつ安全になります。

それぞれのユニークな24単語のリカバリーフレーズは秘密鍵の新しい組み合わせを作成します。

24単語のリカバリフレーズを適切に保護してください。