仮想通貨を安全に保管する!ハードウェアウォレットの仕組みやメリット・デメリット


ハードウェアウォレットとは、
仮想通貨の管理に必要な秘密鍵をオフラインで安全に保管するためのデバイス(ウォレット)のことです。

ハードウェアウォレットの仕組み

 

ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットの仕組みを簡単に説明すると、デバイスの中に秘密鍵を暗号化して保管するというものです。
多くの方が誤解しているのがハードウェアウォレトの中に写真や動画、データとして仮想通貨が保管されていると思っていることです。
しかし、ハードウェアウォレットの中に仮想通貨は保管されていません。
ハードウェアウォレットの中に保管されているのは、暗号化された秘密鍵です

秘密鍵とは

 秘密鍵とは

秘密鍵とは仮想通貨をやり取りする際に必要なもので
銀行口座でいうところの暗証番号のようなものです

銀行口座で例えると、送金時に暗証番号の入力を求められますよね。
これと同じように仮想通貨の送金時にも秘密鍵を求められるのです。

つまり仮想通貨の資産を狙うハッカーたちは、この秘密鍵を常に狙っています。
秘密鍵だけは絶対に誰にも教えてはいけないものです。

ハードウェアウォレットは取引所より安全?

取引所では、資金の移動が頻繁に行われています。
そのため、秘密鍵をオフラインで保管するのではなく、一部をオンライン上で保管しています。

オンラインで保管するということは、少なからずハッキングの可能性があり、オフライン保管のハードウェアウォレットの方が安全性は高いです。

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットのメリット

高い安全性

秘密鍵をオフライン上で管理できるため、非常に高い安全性を確保できます。
この状態で秘密鍵を保管するウォレットのことをコールドウォレットと呼びますが他のホットウォレットやモバイルウォレットなどと比べても安全です。

対応通貨の多さ

ハードウェアウォレットにもよりますが、一般的な国内取引所よりも、多くの種類の通貨やトークンを保管することが可能です。
たとえば、海外取引所で購入した仮想通貨が国内の取引所では取り扱いが無いコインだった場合、ハードウェアウォレットに通貨を移動させることもできます。

利便性が高い

ペーパーウォレットのように毎回秘密鍵を手打ちする必要がなく、接続するだけで自分のウォレットを管理できるので利便性が高いです。安全でありながら、利便性も兼ね備えているがハードウェアウォレットです。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットのデメリット

値段が1万円以上

種類にもよりますが、一般的なハードウェアウォレットは1万円以上の値段で販売されています。
高額とまではいきませんが仮想通貨を少額しか持っていない人は向いていないかもしれません。

品薄で買えないことも

人気のあるハードウェアウォレットは、品薄状態が続くことがあります。
コインチェックのような盗難事件が起きた時には、需要が高まり購入できない人もいました。

余裕のある時期に正規代理店から購入しておきましょう。

使い方を覚えなくてはいけない

ハードウェアウォレットの仕組みを理解していないと自分で資産を失ってしまうかもしれません。
リカバリーフレーズを他者に教えてはいけないなど基本的な知識は押さえる必要があります。

ハードウェアウォレット比較

代表的なハードウェアウォレットは「Ledger Nano S(レッジャー ナノエス)」「TREZOR(トレザー)」「Coolwallt(クールウォレット)」の3つがあります。

ーLedger Nano S(レッジャーナノエス)

 

 

最も利用者が多いハードウェアウォレットです。
全世界で10万人以上の人が利用しており、日本でも知名度が高いです。
特徴は対応通貨の多さ。リップルに対応しているのも人気の理由です。
Ledgerの独自アプリではビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ダッシュなど全27種類の仮想通貨を保管することができます。さらに、複数のWebウォレットと連携することで数百種類以上の仮想通貨を保管可能です。

詳細はこちら

 

ーTrezor(トレザー)


Ledger Nano Sに次いで利用者が多いハードウェアウォレットです。
特徴的なのはコインチェックで盗難されたNEMが保管できます。
Ledger Nano Sより対応通貨は少ないですが主要通貨ビットコインなどの保管だけであれば問題ありません。
逆に海外取引所の仮想通貨を扱う方などはあまり向いていないかもしれません。

詳細はこちら

 

ーCoolwallt(クールウォレット)

 

比較的新しいハードウェアウォレットです。
カード型で薄いため持ち運びにも便利。モバイルアプリもリリースされています。
対応通貨が少ないのと他のハードウェアウォレットに比べて少し割高です。

詳細はこちら

おすすめのハードウェアウォレットはLedger Nano S

 

対応通貨や使いやすさからLedger Nano Sが現時点ではおすすめです。
常にアップデートが行われているので対応通貨も増えていっています。
また、開発もアクティブでtwitter(ツイッター)やtrello(トレロ)でも最新情報が公開されてます。

【Twitter】https://twitter.com/LedgerHQ  
【Trello】https://t.co/4PGV5TOz2l

日本正規販売代理店から購入すること

ヤフオクやメルカリなどで販売されているものは注意が必要です。
悪意のある人間が仮想通貨を盗みとろうとしている可能性があります。
実際に海外などでも盗まれてしまった人が多くいますので購入の際は日本の正規販売代理店から購入してください。

もし、故障や紛失で使えなくなってしまったら

もしハードウェアウォレットを壊してしまったり、紛失してしまった場合は別のハードウェアウォレットで復元を行なってください。復元にはリカバリーフレーズが必要ですので必ず記録しておくようにしましょう。
リカバリーフレーズは、24の英単語の集まりのことでハードウェアウォレットを初期設定する際に表示されます。

まとめ

  • ハードウェアウォレットは秘密鍵を安全に保管するデバイス
  • 秘密鍵は銀行口座でいう暗証番号
  • 現状、ハードウェアウォレットのおすすめはLedger Nano S
  • ハードウェアウォレット購入時は必ず日本正規代理店から購入すること

いかがでしたか。ハードウェアウォレットについての理解はできましたでしょうか。
本記事を書いているのはLedger日本正規販売代理店の株式会社Earth Shipです。
ハードウェアウォレットについてご不明点等ありましたら弊社サポートまでお問い合わせください。

【公式】Ledger日本正規代理店ハードウェアウォレットジャパン


.