旧アプリの利用方法

【マネージャーアプリのインストール】 初期設定が完了しましたら、マネージャーアプリのインストールに入ります。 マネージャーアプリは本体のアプリの入れ替えや、ファームウェアの更新に使う必須アプリになります。 

次にホームページの”Products”をクリック すると商品一覧画面になりますので、お目当ての商品をクリック

次に画像赤枠の”companion apps”をクリックし、続いて同じく赤枠の”BROWSE ALL APPS“をクリックします。

再度赤枠の”GET THE APP”を押し、

INSTALL”ボタンをクリックします

するとChromeアプリのダウンロード画面にうつりますので、アプリをダウンロード。 ダウンロードが終わったらアプリを起動します。

マネージャーアプリのダウンロードが終わったら、 続いて、自分が保管したい通貨のアプリもダウンロードしておきます。 先ほどと同じで、Ledger公式サイト(https://www.ledgerwallet.com/)の”Integrations”からアプリを選びます。

こちらではBitcoinのアプリをダウンロードしていきます。 赤枠のBitcoinを選んで、

GET THE APPS”をクリック

するとパソコン(Chrome)もしくはスマートフォン用のアプリが表示されるので、自分の用途に合わせてダウンロードしていきます。 ※慣れるまではパソコン用のアプリをダウンロードすることを推奨します。

ダウンロードが完了したら、マネージャーアプリ・ウォレットアプリのインストールは完了です。 続いて、 インストールが完了したら、まず初めにLedger Nano Sのファームウェアが最新の状態か確認します。 【重要】最新のファームウェアでないとアプリが起動しない場合がありますので、 必ず最初にファームウェアを更新して下さい。 先程ダウンロードした”マネージャーアプリ”を開いて、パソコンにLedger Nano Sを接続します。

PINコードの入力を求められますので、PINコードを入力し、ボタンを同時押しします。 パソコンとの接続が完了すると下記のような画面になりますので、”FIRMWARES“をクリック

INSTALL”ボタンを押して、ファームウェアを更新します。

するとLedger Nano S本体で承認するかしないか求められるので、右をクリック。

再度PINコードの入力が完了すると「Update firmware(ファームウェアをアップデートする)」と表示されるので、右ボタンをクリック。 するとLedger Nano S本体とパソコンの画面がこのようになります。

ファームウェア更新が完了すると再度PINコード入力を求められるので、入力したら更新は完了です! 更新が完了したら、Ledger Nano S本体に使用する通貨に対応したアプリをインストールしていきましょう。 Bitcoinであれば赤枠の矢印マークをクリックすればインストールできます。 ちなみに、本体からアプリを削除したい場合はゴミ箱マークをクリックします。

矢印をクリックすると本体に「Allow ledger manager?(マネージャーアプリからの操作を許可しますか?)」 と表示されます。

右ボタンをクリックして、少し待つと、、、

Ledger Nano S 本体にBitcoinがインストールされました。 他の通貨を使用する場合も同じ要領で操作していきます。 これにて マネージャーアプリ・ウォレットアプリのインストール は完了です。 お疲れ様でした。

仮想通貨の送付

それでは、ついにここからは、仮想通貨の送付を行っていきましょう。
ここではBitcoinを例に記載していきます。

まずはアプリから”Ledger Wallet Bitcoin”を開きます。

この画面がでたら、Ledger Nano Sとパソコンを繋げて、PINコードを入力して、ロックを解除しましょう。

ロックを解除したら、再度Ledger Nano Sを操作し、 Bitcoinのマークを中央に持ってきて、両ボタンを同時押し。
これで接続が完了します。

接続が完了すると
「Which Bitcoin chain do you want to use?(どちらのビットコインチェーンを使いたいですか?」
という文字が表示されますので、BitcoinかBitcoinCashを選びます。

必要な方は

「Remember my choice(選択を保存する)」

「show advanced options(高度なオプションを表示する)」※こちらは記載の内容が理解できる方のみ選択して下さい

にチェックマークをいれましょう。

BITCOINを選ぶと下記のような文章がでます。
LEGACYとSEGWITどちらかを選べるようになっていますので、用途に合わせて選択します。
ちなみに画面上の文章では、
簡単で送金手数料が安いSEGWITがお勧めです
と記載がありますので、必要がなければSEGWITを選択しましょう。

選択すると同期が始まりました。

これで、ビットコインを保管する準備が整いました。

次はいよいよ送金画面です。
こちらの画面からBITCOINの送金や、受信用のBITCOINアドレスの確認、各種設定を行なうことができます。

【Ledger Nano Sにビットコインを送付する】

送金方法はいたって簡単で、画面左上の「受信」というところをクリックすると、接続しているのLedger Nano Sの受信アドレスが表示されます。

このアドレスにビットコインを送付すれば入金できます。
環境などによりますが、数分で入金されることが多いようです。

アプリを終了するときはLedger Nano S 側を操作して、「Quit app」を画面にだし、ここでボタンを同時押しです。
取り外して、終了になります。

お疲れ様でした。