Ledger nano Sの初期設定

初期設定についてご説明します。 まずは、Ledger nano S本体とUSBケーブルを取り出してください。 ※USBケーブルは付属のものをお使いください。充電専用ケーブルでは接続できませんのでご注意ください。 そして、Ledger nano Sをパソコンに繋ぎます。  

するとLedger nano Sの画面に”Welcome”という文字が表示されます。 ※表示されない場合はUSBケーブルの種類をご確認ください。データ転送可能なUSBケーブルをご使用ください。

Welcomeの次に「Press both buttons to begin (両方のボタンを押してスタート)」という文字がでるので、本体の上部にある2つのボタンを同時に押します。

次に”ボタン”の説明が流れます。 左ボタンは戻る 右ボタンは進む 両ボタン同時押しで決定 確認しましたら両方のボタンを同時に押し、次に進みます。

「Configure as new device? (新しいデバイスとして設定しますか?)」と聞かれますので、右のボタンをクリックしてください。 ※このタイミングで左のボタンを押すとウォレットの復元が可能です。もしハードウォレットが壊れてしまい、復元が必要な時は左のボタンを押して進めていってください。 次にPINコード(暗証番号)の設定に入ります。 「Choose a PIN code (PINコードを選択する)」と画面に出てきたら、両方のボタンを同時に押します。

任意のPINコード(暗証番号)4〜8桁を設定していきます。 左のボタンを押すと数字が下がって行き、右のボタンを押すと数字が上がっていきます。 最低4桁以上の設定が必要になります。両方同時に押すと決定です。

設定したPINコードは必ずメモしておくようにしてください。 PINコードを忘れてしまうとアクセスできなくなります。 そして、PINコードの設定が終わると「Confirm your PIN code (PINコードを確認する)」の文字が出てきますので、 ここでまた両方のボタンを同時に押します。

ご自身で設定したPINコードを再度、入力してください。

PINコードの設定が完了したら、次はリカバリーフレーズの書留にうつります。 「リカバリーフレーズ」とは、自分のウォレットのバックアップをとるものです。 「リカバリーフレーズ」をメモしておけば、パソコンやスマホが壊れた場合や、パスワードが思い出せなくなってしまった場合に役立ちます。 メモは絶対に無くさないように、厳重に保管してください。 「Write down your recovery phrase (リカバリーフレーズを書き留める)」と表示されるので、ボタンを同時に押します。

すると、順番に♯1~♯24まで、合計24個の単語がランダムに出てきますので、こちらを全てメモしてください。 Ledger nano Sの箱の中に専用の用紙が入っていますので、こちらを利用して下さい。

順番にメモしていき、最後の24単語目にきたらボタンを同時に押します。 「Confirm yourrecovery phrase (リカバリーフレーズを確認する)」という画面になりますので、またボタンを同時に押します。

リカバリーフレーズの確認作業にうつります。 ランダムに番号が表示されますので、さきほど控えたメモ用紙を見ながら、正確なフレーズをボタンを押して探してください。 下記の画像の場合、「23番目の単語はなんだった??」ということを聞いてきています。左右のボタンを押して、正確な単語が表示されたらボタンを同時押しで決定です。

数回繰り返すと、「Your device is now ready (あなたのデバイスは準備が完了しました)」と出てきます。 ここで、再度ボタンを同時に押します。

これで初期設定は完了になります。 お疲れ様でした。 続いて、ウォレットアプリのインストールに進みます。

動画で解説!Ledger nano Sの使い方① ビットコインウォレットのセットアップの動画こちら