よくある質問(FAQ)

作成中です・・・

接続に関する問題

A. Managerにアクセスした時やLedger Liveデスクトップアプリケーションで正規のチェックを実行したりするときに接続の問題が発生した場合は、OSに応じて、以下の手順をお試しください。

【Windowsの場合】

解決策1.管理者としてLedgerLiveを実行します。
Ledger Liveアイコンを右クリックし、[管理者として実行]を選択します。
注意:Ledger Liveには、USBポートのコンテンツを調べて、コンピューターとLedgerデバイス間でデータを転送するための管理者モードが必要です。
システムが「このアプリにデバイスへの変更を許可しますか?」と尋ねられたら、 [はい]をクリックします。
もう一度マネージャーにアクセスするか、正規のチェックを実行してください。

解決策2.別のケーブルまたはUSBポートを試してください。
その際、商品付属のUSB専用ケーブルを使用していることを確認してください。
専用ケーブルがない場合は、充電専用ではなく、通信が可能なケーブルでお試しください。
ケーブルを使用しても問題が解決しない場合は、次の解決策に進んでください。

解決策3.ウイルス対策とVPNをオフにします。
コンピュータのウイルス対策、ファイアウォール、VPNソフトウェアをすべてオフにし、もう一度マネージャーにアクセスするか、正規のチェックを実行してください。
それがうまくいった場合、 LedgerLiveをウイルスソフトのホワイトリストに登録します。
Windowsセキュリティの除外リストにも追加します。

解決策4.ドライバーを更新します。
タスクバーの検索ボックスに「デバイスマネージャー」と入力し、[デバイスマネージャー]を選択します。
カテゴリを選択してデバイスの名前を表示し、更新するデバイスを右クリック(または長押し)します。
[更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する]を選択します。 [ドライバーの更新]を選択して、利用可能な更新があるかどうかを確認します。


【Macの場合】

解決策1.フルディスクアクセスを有効にします。
システム環境設定を開きます。
セキュリティとプライバシーに移動します。
[プライバシー]タブで、LedgerLiveを[フルディスクアクセス]リストに追加します。
もう一度マネージャーにアクセスするか、正規のチェックを実行してください。
MacにIntelプロセッサが搭載されている場合は、Appleの公式の指示に従ってNVRAMをリセットしてください。

解決策2.別のケーブルまたはUSBポートを試してください。
その際、商品付属のUSB専用ケーブルを使用していることを確認してください。
専用ケーブルがない場合は、充電専用ではなく、通信が可能なケーブルでお試しください。
ケーブルを使用しても問題が解決しない場合は、次の解決策に進んでください。

解決策3.ウイルス対策とVPNをオフにします。
コンピュータのウイルス対策、ファイアウォール、VPNソフトウェアをすべてオフにします。
マネージャーにアクセスするか、本物のチェックを実行してみてください。 それがうまくいった場合、 LedgerLiveをウイルスソフトのホワイトリストに登録します。


【Linuxの場合】

解決策1.udevルールを設定します。
コンピューターでターミナルを開きます。 次のコードスニペットを使用してudevルールを設定します。
wget-q-O--https://raw.githubusercontent.com/LedgerHQ/udev-rules/master/add_udev_rules.sh | sudo bash
もう一度マネージャーにアクセスするか、正規のチェックを実行してください。

解決策2.別のケーブルまたはUSBポートを試してください。
その際、商品付属のUSB専用ケーブルを使用していることを確認してください。
専用ケーブルがない場合は、充電専用ではなく、通信が可能なケーブルでお試しください。
ケーブルを使用しても問題が解決しない場合は、次の解決策に進んでください。

解決策3.ウイルス対策とVPNをオフにします。
コンピュータのウイルス対策、ファイアウォール、VPNソフトウェアをすべてオフにします。
マネージャーにアクセスするか、本物のチェックを実行してみてください。
それがうまくいった場合、 LedgerLiveをウイルスソフトのホワイトリストに登録します。

A. ※最近のファームウェアアップデートによるBluetoothペアリングのリセットについて
・Nano Xファームウェアを2.0.0未満のバージョンから2.0.0を超えるバージョンに更新すると、デバイスとLedgerLiveモバイルアプリ間のBluetoothペアリングがリセットされます。
アップデートが完了したら、必ずLedger Nano Xを再起動し、以下のトラブルシューティングガイドに従ってLedgerデバイスを再ペアリングしてください。
心配しないでください、これはあなたの暗号資産に影響を与えません。 Ledger Nano Xで Bluetoothを有効にした後、Ledger Live mobileへの接続で問題が発生した場合は、以下の手順に従ってこの問題を解決できます。 あなたが始める前に 利用可能な最新のLedgerLiveMobileバージョンを使用していることを確認してください。 Ledgerデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認します(LedgerLiveDesktopを使用してLedgerNanoXのファームウェアを更新する必要があります)。 トラブルシューティング ペアリングの問題が発生している場合、またはスマートフォンでLedger Nano Xが見つからない場合は、オペレーティングシステム(OS)に基づいて以下の手順に従ってください。 【Androidの場合】 手順1.LedgerNanoXのペアリングをリセットする LedgerNanoXの電源を入れてロックを解除します。 コントロールセンターにアクセスするには、両方のボタンを押し続けます。 [設定]に移動して、両方のボタンを押します。 右ボタンを押してから両方のボタンを押して、セキュリティメニューにアクセスします。 両方のボタンを押して、ペアリングのリセットを検証します。 ペアリングのリセットをもう一度確認し、PINコードを入力します。 手順2.LedgerLiveManagerからデバイスを削除します スマートフォンでLedgerLivemobileを開きます。 マネージャーに移動します。 Ledger Nano Xの横にある省略記号(3つのドット)をクリックし、赤いボタン[デバイスの削除]をタップします。 ステップ3.スマートフォンでLedgerNanoXを忘れる スマートフォンの設定を開きます。 Bluetoothを選択します。 Ledger Nano Xを検索し、それをタップします。 [ペアリングを解除]をタップします。 ステップ4.LedgerNanoXのペアリングを再試行します LedgerLiveの電話設定で位置情報サービスが有効になっていることを確認してください。 LedgerLiveが位置情報を使用することはありません。これはAndroid上のBluetoothの要件です。 この記事の手順に従って、スマートフォンのBluetoothキャッシュをクリアします。 Ledger Nano Xの電源を入れ、Bluetoothが有効になっていることを確認します。 Ledger Liveを開き、ペアリングを開始します。 Ledger Live mobileで利用可能になったら、LedgerNanoXをタップします。ペアリングコードが両方のデバイスに表示されるまで、少し時間がかかる場合があります。 コードが同じ場合は、スマートフォンでペアリングを確認してください。Ledger Nano Xの両方のボタンを押して、ペアリングを確認します。 両方のボタンを押して、元帳マネージャーを許可します。Ledger Nano Xの信頼性が、Ledgerの安全なサーバーによってチェックされた後、ペアリングが完了します。 [デバイスの選択]で、Ledger Nano Xを選択します 。これで、 Managerに正常にアクセスできるようになります。 【iOSの場合】 手順1.LedgerNanoXのペアリングをリセットする LedgerNanoXの電源を入れてロックを解除します。 コントロールセンターにアクセスするには、両方のボタンを押し続けます。 [設定]に移動して、両方のボタンを押します。 右ボタンを押してから両方のボタンを押して、セキュリティメニューにアクセスします。 両方のボタンを押して、ペアリングのリセットを検証します。 ペアリングのリセットをもう一度確認し、PINコードを入力します。 手順2.LedgerLiveManagerからデバイスを削除します スマートフォンでLedgerLivemobileを開きます。 マネージャーに移動します。 Ledger Nano Xの横にある省略記号(3つのドット)をクリックし、赤いボタンの[デバイスの削除]をタップします。 ステップ3.iPhoneでLedgerNanoXを忘れる iPhoneの設定を開きます。 Bluetoothを選択します。 Ledger Nano Xを検索し、それをタップします。 [このデバイスを忘れる]をタップします。 ステップ4.LedgerNanoXのペアリングを再試行します Ledger Nano Xの電源を入れ、Bluetoothが有効になっていることを確認します。 Ledger Liveを開き、ペアリングを開始します。 Ledger Live mobileで利用可能になったら、LedgerNanoXをタップします。 ペアリングコードが両方のデバイスに表示されるまでに時間がかかる場合があります。 コードが同じ場合は、スマートフォンでペアリングを確認してください。Ledger Nano Xの両方のボタンを押して、ペアリングを確認します。 両方のボタンを押して、元帳マネージャーを許可します。Ledger Nano Xの信頼性が、Ledgerの安全なサーバーによってチェックされた後、ペアリングが完了します。 [デバイスの選択]で、Ledger Nano Xを選択します 。これで、 Managerに正常にアクセスできるようになります。

ファームウェアアップデートに関して

A. Ledgerデバイスは、USBポートで予期しない動作を検出すると、「起動」モードになります。Ledgerハードウェアウォレットには、ハードウェアおよびソフトウェアの攻撃から保護するセキュリティ機能が組み込まれています。
これは、Ledger Nano S、Nano S Plus、およびNanoXで発生する可能性があります。


解決

「 Bootingx% 」というエラーが発生した場合は、次の手順に従ってください
1)Ledgerデバイスをコンセントまたは任意のコンピューターに接続します 2)起動率が100%に達するまで待ちます。数時間かかる場合があります。
デバイスの起動が完了すると、リセットされます。
・デバイスをまだセットアップしていない場合は、Nano S / Nano S Plus / NanoXの指示に従ってセットアッププロセスを完了してください。
・すでにデバイスをセットアップしてリセットされた場合は、指示に従って回復フレーズからデバイスを復元してから、すべてのアプリをデバイスにインストールし直してください。

A. ファームウェアの更新中にデバイスがブートローダー でスタックしている場合は、次の手順に従います。
NanoS/NanoS Plus
1)Ledger Liveを開きます。
2)Windowsの場合: Ledger Liveを右クリックして、管理者として実行します。
3)Ledgerデバイスを接続します。
4)Ledger Liveデスクトップの[管理]タブに移動し、 [続行]をクリックします。
5)ローダーが100%で、デバイスがブートローダーでスタックしたままの場合:
Windows / Linux: CTRL +Rを押してLedgerLive を再起動します。次に、修復ツールをもう一度起動します。
MacOS: ⌘+ Rを押して、Ledger Liveを再起動します。次に、修復ツールをもう一度起動します。
Ledger Nano X
デバイスがブートローダーでスタックしている場合は、次のいずれかの解決策を試してください。 1)Ledger Liveを閉じて再起動し、LedgerLiveのマネージャーに移動します。
2)別のコンピューターで試してください。

A. アップデートは自分の暗号資産に影響しますか?
デバイスの秘密鍵は、24ワードの回復フレーズによって完全にバックアップされます。リカバリフレーズが安全に保存されている限り、資産にリスクはありません。

Ledger Nanoを更新する方法は?
手順については、Ledger Nano S、Ledger Nano S Plus、およびLedgerNanoXのファームウェアアップデートガイドを参照してください。
Ledger Nanoを更新する必要がありますか?
はい。当社の製品が提供する最適なセキュリティレベルとユーザーエクスペリエンスを活用するために、デバイスを常に最新のファームウェアバージョンに更新することを強くお勧めします。

アップデートにはどのような変更が含まれていますか?
LedgerNanoSおよびLedgerNanoXのリリースノートを参照してください。

Ledger Nanoを使用していない場合、更新する必要がありますか?
当社の製品が提供する最適なセキュリティレベルとユーザーエクスペリエンスを活用するには、デバイスを定期的に更新することをお勧めします。新しい(バージョンの)アプリケーションも、最新のファームウェアバージョンでのみ使用できます。

ファームウェアをダウングレードすることは可能ですか?
いいえ。セキュリティ上の理由から、LedgerNanoのファームウェアをダウングレードすることはできません。

Ledger Nanoが識別子を確認するように促さなかったのはなぜですか?
自動ループで3つの画面が表示されます。他の画面が表示される前に右ボタンを押すと、識別子を確認する前にアップデートがインストールされます。アップデートが完全にインストールされている限り、デバイスを引き続き使用できます。
ください。

A. 管理メニューでファームウェアアップデートが利用できない場合は、以下の手順に従ってください。


・デバイスを更新するには、コンピューターにLedger Liveが必要です。このファームウェアアップデートは、LedgerLiveモバイルアプリでは利用できません。
・[設定]>[バージョン情報]に移動して、最新バージョンのLedgerLiveを実行していることを確認します。ここから最新バージョンをダウンロードできます。
・それでも管理に更新が表示されない場合は、まだ利用できません。アップデートは段階的に展開されますので、しばらくしてからもう一度確認してください。

A. ファームウェアの更新中にデバイスに「Follow device repair instructions=デバイスの修復手順に従ってください」と表示された場合は、元帳デバイスに応じて、以下に説明する解決策を試してください。

Ledger Nano S
この問題は通常、LedgerLiveのデバイス修復ツールを使用して修正されます。
管理メニューに移動して青い [修復]ボタンを待ってデバイス修復ツールを開くか、[設定]>[ヘルプ]>[Ledgerデバイスの修復]から直接開きます。

・LedgerNanoSを接続します。
・Ledger Liveで、[デバイスの修復手順に従う ]を選択し、[修復]をクリックします。修復プロセスが開始されます。
Ledger Nano X
デバイスにファームウェアバージョン1.2.4-2にアップデートした後、デバイスの修復手順に従ってくださいと表示された場合は、以下の手順に従ってデバイスをリカバリモードにリセットし、バージョン1.2.4-4にアップデートしてください。


<重要>
続行する前に、リカバリーフレーズが利用可能であり、自由に使用できることを確認してください。以下の手順で、デバイスから秘密鍵を消去します。デバイスの秘密鍵を復元するには、リカバリーフレーズが必要になります。

・リカバリモードでリセット
・デバイスの電源を切ります。
・左ボタン(USBポートに最も近いボタン)を押したまま、手順4まで離さないでください。
・USBケーブルをデバイスに接続します。
・起動メニューが表示されたら、ボタンを離します。 ・リカバリモードを選択し、両方のボタンを押して検証します。
・PINコードを入力します。これで、デバイスに「デバイスの修理手順に従ってください」と表示され、右ボタンを数回押すとリセットに関する情報が表示されます。
・[すべてリセット]オプションを 選択し、両方のボタンを押して検証します。これで、デバイスがリセットされます。